Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【メリット】怒らない方が人生得じゃない?と思う理由

どうもこんにちは、しょーんです :))

みなさんよくイライラしますか?

 

 

ふんふん...

 

そうなんですね。笑

自分は基本的には怒りませんし

面倒なのですぐ怒る人が苦手です。

 

 

喧嘩もそうですし

熱くなりそうになっても

怒らないように心掛けています。

 

なぜならメリットがないように感じるからです

ということで今日は怒らない方が

いいんじゃないかと思う理由を

いくつか述べていきたいと思います

 

消費カロリーが勿体無い

実は30分怒ることで約100kcalもの

カロリー消費が起こるみたいですw

 

 

 

ちなみに調べてみると

タイピングなどPC作業の消費カロリーは

1時間で約50kcal だそうです

 

 

つまりは...

 

 

"2時間ブログに費やせるエネルギーと

怒っている30分間の消費エネルギーは同じ"

 

 

ということになります。

まず基本的にエネルギー消費があると

人間は疲れてしまいします。

 

つまり怒るという行為は

自身で効率的に疲れを溜めようとしているのですw

 

あぁなんとも勿体無い...泣

みなさんもどうせなら

生産性のあることをして疲れて下さい。

 

時間が勿体ない

怒りという感情はどうしても

その時が終わってパッと

切り替えられるものではなく

ある程度の時間持続してしまうようです。

 

2014年にベルギーの

ルーヴェン・カトリック大学の

"感情の持続時間"という調査によると

怒りの持続時間はなんと!!!

 

 

"2時間続く"

 

とのことでした。

つまり一旦怒ってしまうとなんと

2時間もの間そのことで

頭がいっぱいになってしまうのです

 

まぁ単純にこの間の

作業効率は落ちてしまいそうですし

もったいない時間ですよね。

 

 

ちなみに持続時間トップ5もご紹介しときましょう

 

1位. 悲しみ :  120時間(5日間)

2位. 憎しみ : 60時間(2,5日間)

3位. 喜び  : 35時間

4位. 不安  : 24時間

5位. 希望  : 24時間

 

だそうです。

なかなかおもしろい研究結果ですね。

負の感情の方がどうやら長続きしやすいらしいです。

 

印象がすこぶる良くない

 

自分が怒っている場面を

第3者の目線で想像してみてください。

 

いや〜なんと気分の悪い光景でしょうか。

そうです、つまり怒りというのは

後から冷静になった時に

 

 

"あぁ〜言いすぎたな、もう少し冷静でいとけば..."

 

 

とある種の後悔を生む可能性が大きいのです。

なぜかというとその時の人間は普通では

言わないような言葉を発してしまったりと

一時的に感情のコントロールを失ってしまいがち

なってしまうからです。

 

怒号や汚い言葉が飛び交うそんな状況。

おそらく周りに誰かしらいると思われます

 

感情のコントロールさえできない。

モラルのないような言葉を発しているかも...

そんな状況では他者の信用さえも

失う原因になりかねません。

 

 

そもそも怒りっぽい人を好きな人なんて

ほぼ0に近いくらいいませんからね。

 

言葉や感情に重みがなくなる

これはみなさんも分かると思いますが

普段怒らないような人が怒らずとも

少し強めな口調で注意してくると

 

 

"あれ?そんなに嫌なことだったのかな??"

 

 

なんて真剣に考えさせられ

すぐにコトの重大さに気づき反省させられます。

 

 

ただ逆はどうでしょうか

普段から怒りっぽい人がまた怒っています。

ただ、それがいくら重大なことであったとしても

その怒りが妥当であるものなのか

判断が非常に難しいものになります。

 

 

そうですつまりは

"妥当な注意や怒りだとしても伝わりづらくなる"

 

という事も考えられるのです。

これが感情の重みが薄れてしまうということ

ではないでしょうか

 

最後に

怒らない方がいいのは分かったけど

逆に怒鳴られたりした時はどうしたらいいの?

なんて質問もあるでしょう。

 

そこで個人的に行っている

"ストレスが溜まらず円満に終息せるコツ"

を軽くご紹介できたらと思いますw

ここではスルースキルが非常に重要です。

 

 

そもそもそんな場面は少ないですがw

自分の場合すぐに相手の怒りが妥当であるか判断し

妥当であるならちゃんと話は全部聞きます。

そして反省して謝って次につなげようとします。

 

 

逆にその怒りが理不尽だと思った時。

会話のキーフレーズだけ聞いて

あとはぼーっと会話を右から左の耳へ流し

相手の目を見て相槌を打ち続けますw

(あくまで表情は真剣ですw)

 

そしてたまにそのキーフレーズだけ使って

この点はよくなかったですよね。

と返答してあげますw

すると理不尽なことを言うくらいの人なので

言いたいことが言えたら満足して

ある程度は納得してくれます。

 

 

まぁ理不尽に怒っている人に

何を言ってもしょうがないですし、

とりあえず言いたい言いたい!の

アドレナリンのでた興奮状態の人が

こっちがちゃんと聞いているかなんて

判断できる訳がありません。

なので基本的に全スルーです

ストレスも溜まりませんw

 

 

とまぁ挑発にのってこちらが怒っても

いいことなど何もないのであまり怒らないように

自分の感情をコントロールできるように

普段から心がけてみてください。

 

 

※ここで絶対にやってはいけないのが

理不尽なことを言ってくる人に言い返すことです。

これは火に油をそそぐだけでなく

自分も同じ土俵に立ってしまうので

自分の価値をも下げてしまいます

理不尽に耐えているあなたはかっこわるくないですよ

むしろ聡明だと思いますよ!!!

 

 

そもそもコミュ力の高い人は怒りではなく

冷静に言葉を選んで相手に訴えかける気がします

どちらが効果的かというのは

考えればすぐ分かると思うのですがね笑

 

ご拝読ありがとうございました