Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【IFBB PRO】【メンズフィジーク】遂にJINさんがプロカード取得!!!

どうもこんにちは、しょーんです :))

"失敗と挑戦から学ぶ"というスタイルで

ブログを書き続けていますが

今日はある1人の男の話をしたいと思います

 

2019年5月18日に行われたフィジークの大会で

(大雑把にはボディービルと違い上半身の美しさで競う)

見事にJINさんがオーバーオールを制し

念願のプロカードを取得しました。

 

この日、筋トレしている人の間では

ほぼこの話題だったと思います。

自分も日本の筋トレ仲間からLINEが届きましたw

そんなフィジーク選手のお話です。

 

f:id:Dakujem:20190520014600p:image

引用 "YouTube GENT Fitness"

 

JINさんとは 

以前の記事でも紹介しましたが

彼はフィジーク選手であるとともに

多数の事業を手がける社長でもあります。

 

そんな彼はYouTuberとしても活躍しており

間違いなく日本のフィットネスブームを

巻き起こした火付け役の1人でしょう。

自分もばっちり影響されましたw

 

 

魅力は一言でかっこいい!!!

身体だけでなく顔もイケメンで

筋トレ取り組む姿もストイックなのです。

 

誕生日が分からないので

年齢は正確には分かりませんが

29歳か30歳だと思います。

 

フィジーカーとして

筋トレ歴はというと、

なんと16年!!!!(インスタグラムより)

驚くほどの筋トレ歴ですね

 

そんな彼はNPCJというフィジークの大会では

クラス別では敵なしで2014年から

ずっと勝ち続けています。

 

 

ただ彼はオーバーオール(クラス別の優勝者で競う)で

優勝したことがなくいつも悔しい思いをしていました。

ちなみに彼は約180cmあるため

階級が下の身長の低い優勝者と比べられると

密度的に負けているように感じていたようです。

 

とはいえ言うまでもなくシロウト目には

北斗の拳のような身体つきですww

 

 

ただ約8ヶ月前の大会の敗戦後

YouTubeの動画内では

"何度も腐りそうになった"と語っています

いつももう一歩のところなのに

オーバーオールで結果がでない。。

 

ということで彼はYouTube活動も

筋トレ風景や食生活を撮影したシンプルな仕様に変え

(お笑い要素を省いてきたのですw)

トレーニングの内容や環境などを変えるために

新たなコーチに指導をお願いするなど

 

"結果だけ追う"

 

という姿でこの日の大会まで

過ごしていたように視聴者目線では感じます。

そして当日見事弱点と言われていた肩や背中などを

しっかりと克服して優勝!!!!

 

 

そしてたった1枚しかないプロカードを取得して

晴れてプロのフィジーカーになったのです。

 

 

さすがの彼も

筋トレ人生の中で1番嬉しかった瞬間

と涙を流していました。

おめでとうございます!!!

 

たぶん多くの人が取るべき人がやっととったか...

そんな感覚だったと思います

 

最後に

自分も筋トレを趣味にしていますが

定期的にジムに行き食事管理を行い

そんな生活を続けやっと少し筋肉がつきます。

なのであの身体を作り上げるのが

いかに難しいかは素人レベルでも実感しています。

 

彼らのようなレベルになると

ジムに行くことがほぼ毎日は当たりまえ。

筋肉のつき方だったり食事管理を徹底するために

解剖学や生化学、栄養学もしっかりと勉強しています。

 

 

もう継続力もそうですが知識量もすごいので

本当に彼らのようなレベルでなくても

筋トレを頑張っている人は本当に尊敬しています。

 

たぶん筋トレなんかをコツコツ続けられる人は

実はどんな分野でも努力できる人なんだろうな

なんて考えながらジムにいる人たちを眺めています

 

だから自分もそうなりたくて

筋トレをしているのかもしれませんね

いや久しぶりに感動しました。

 

 

男はいつまでたってもかっこよくないとな

 

ご拝読ありがとうございました。

"If it were easy , everyone would do it "

これは自分の好きな言葉です

 

 

もし気になった方は

本人のチャンネルで動画があがっていたので

のぞいてみてください。

オリジナル動画を作るなら【YouTuberセット】

自宅の近くのジムを検索【ダイエットコンシェルジュ】

 


【決戦】IFBB PROクオリファイ、プロカードは誰の手に