Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【本当の美しさ】世界大会ミスコン代表やDiorモデルと話して感じたこと

どうもこんにちは、しょーんです :))

データ公開だけの記事ではおもしろくないので

"美"をテーマにもう1記事投稿したいと思います。

 

自分は海外を飛びまわっているため

様々な経歴をもつ人と出会う機会がちょこちょこあります。

調べればすぐ出てくるため

大会名とどこの国の代表かは伏せさせていただきますが

ミス◯◯国代表、Diorの専属モデル、

身近でいうと日本の誰もが知っている

ブライダル雑誌のモデルなどが知り合いにいます。

 

ビクトリアズシークレットのような

スーパーモデルではありませんが

全員が外国人で顔立ちやスタイルは

まさに現代の"美"を象徴したような感じです。

f:id:Dakujem:20190308014537j:image

 

自分も美容やファッションに関しては

そこそこ興味があるため最初の入りとしては

自分から業界のことをいろいろと聞いたりします。

 

 

Diorのモデルの話

自分より年下のフランス人でカナダで会いました。

同じ屋根の下に住んでいたのですが

どうにもこうにもわがままでした。笑

Arrogantと言う単語をご存知でしょうか?

傲慢なという意味なのですが

まさにそれを絵に描いたような人物です。

 

確かに見た目はもう日本人の想像する王子様そのもの。

しかし、いかんせんArrogantの極みなのです。

モデルなのでしょうがないかもしれませんが人のナルシストの枠を

越えすぎてなんて表現したらいいかわかりません。笑

発言も

 

"今日もみんなおれのこと羨ましいだけだろ。"

"女の子はみんなおれのこと..."

"おれはモデルだからね"

 

といったように自慢が多くあんまり人の気持ちを理解せず

見下す癖がついていました。

会話も自由で人の意見はあまり聞きません。

 

まぁここでほっておいても良かったのですが

彼とは同じ家に住んでいたのと10代だった為

まだまだ子供だから仕方ないかと思い

面倒くさいなと思いながらもかなり強めに怒りました。

 

自分は普段は感情の起伏があまりないので

彼は怒られたことにかなり驚いたのかそこからは

ナルシストは変わりませんが

人の気持ちを少しは気にするようになったと思います。

調子にのってるだけで元はいい子なんじゃないかって思うくらい

 

最終的には一緒に話したりお出かけする時間が増えました。

自分がカナダを去る際は荷物を持ってくれて

駅まで見送りにきてくれました。

いまでは少しかわいいです。笑

かっこいいんだからちゃんと成長しといてくれよ

 

 

 

ミスとブライダルモデルの話

1人はお付き合いしていた方も含まれるのですが

完全に昔の自分はセンスがなかったので少しお恥ずかしい話です。

何度も言いますが見た目やスタイルは

明らかに一般人とは異なります。

 

異性なのでデートに行くこともあるでしょう

レストラン、バー、その他もろもろ。

この方たちの問題は金銭感覚が完全に欠損していることです。

しかもこれも度を越えたやつです。笑

たぶん若いし今までお支払いというものを

したことがなかったのでしょう

 

それこそ払ってくれて当然!プレゼント大歓迎といった態度です。

もちろんそんなことは絶対にしないです

話題はといえば結婚するなら

ステータスやお金....といったような話。

こちらも呆れながら怒ったのですが

こちらは"効果はないようだ"が表示されました。

 

基本いい年の大人や年下でも

ちゃんと聞けない人には怒りません。

しゅーりょー!!!

ちょっと自分にがっかりしました...

まぁ勉強になったので良かったですが

 

 

といったように"外見の美"は一瞬だけなら人の気持ちや

なにかを手に入れたりすることはできるでしょう。

ただそれが表面上の美だと気づかれた瞬間に見限られてしまいます。

 

一方、"内面の美"は一瞬ではなく長期的なものでしょう

相手の心を本当の意味で動かせるのはこちらだと思っています。

 

 

みなさんも外見の美に目が行きがちですが

自分や他人の内面の美を意識して

生活してみてはいかがでしょうか?

内面の美は外見にも滲み出てくると思います。

 

 

"品は内面からしか生まれてこないでしょう"

 

 

 

自分はというと長谷川 潤さんのような

心のキレイさが笑顔に出ているような素敵な方が好きです。

でもやっぱり美人なんですよね...笑

 

ご拝読ありがとうございました

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】