Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

医学部再受験2年目 体験談 part 1 〜代償〜

どうもこんにちは明日からの

新学期のスケジュールがキツキツなのを

今日知りで朝を迎えたくないしょーんです :(

 

約1ヶ月半の休みを終え

忙しい現実に戻る訳ですが締め切り効果で

勉強がはかどるように

ブログもしっかり続けていきたいと思います。

 

 

さて今回は医学部再受験の2年目を書いていきますね。

1年目を終え成功のイメージが

だんだんと湧いてきた自分は今年こそ受かるぞ!

と気合が入りに入った状態で4月を迎えるのです。

 

しかし!!!!

 

そこには1年間無視し続けてきた現実がありました。

 

そうですしっかり留年していました。笑

 

他にも留年した人が4月の頭に大学に集められ

そこで学部長から秋卒のために提示された条件、そ

れは卒業試験をパスするのはもちろんのこと、

薬学系予備校に夏の終わりまで毎日通うということでした。

 

え?じゃあ大学受験の予備校通えない?

 

 

まさに絶望でした。

つまりはよく分からない薬剤師の国試対策の

予備校に通いながら秋卒に向けて薬学の知識も習得し、

それに並行して医学部受験の勉強をする。

医学部受験に集中できるのは早くても秋以降、

秋卒できず普通通り卒業なら3月まで勉強が...

 

計画が総崩れでテンションガタ落ちでした。笑

 

 

でもとりあえずやるしかない。

選択肢のない自分はその予備校に通い、

授業が終わると月契約の自習室に通い大学受験の勉強をする。

という生活を送ることになるのです。

 

 

この頃、1年かけて勉強をしてきて

意識が変わっていた自分は予備校に通うがかなり嫌でした。

それは怠けたせいで卒業できなかった生徒と一緒にされ、

薬学の授業を受けるのがとても苦痛だったからです。

仕方がないことなのですが、

せっかく張り詰めた自分の中での

医学部受験生としての空気感

を壊したくない...

そう思っていました。

 

登校初日とりあえずのテストがありました。

しかし前年度全く薬学の勉強を

していない自分は当然のごとく

約30人中最下位です。

 

 

これはモチベーション的にも

勉強的にも大変な1年になるぞ

 

でも自信がありました。

現状で最下位だったとしても勉強法を自分は知っている。

すぐに彼らには追いつけるはずだ

 

 

ちなみに1日の流れはというと

 

 

6:00 起床

7:00 身支度を終える

7:20~8:50 英単語熟語&昨日予備校で学んだことの復習

9:00~16:00 薬学の授業(毎朝小テストがある

17:00~22:00 自習室にこもり受験勉強

22:00~23:30 お風呂に入ったり夜ご飯を食べたり

23:30~0:30 受験勉強

1:00  就寝

 

 

というなんともハードなスケジュールでした。

拘束時間が長いよ。涙

これでやっと1日7時間の受験勉強の時間を確保できるのです。

 

そのため朝の復習と授業以外は

薬学の勉強しないのでとにかく予備校にいる時間は

授業中も休み時間も常に卒試に向けた勉強をしていました。

なので予備校のない土日は自由に

受験勉強ができるのでとても幸せだったことを覚えています。

 

 

こうして本格的に謎な2刀流生活がスタートするのです

つづく

www.dakujem.work

本日もご拝読ありがとうございました。