Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【医学部再受験】予備校を比較してみよう Part 2【体験談】【選び方】

どうもこんにちは、しょーんです :))

今日も引き続き予備校の話になりますが

 

今回はライブの授業。

つまり先生が教壇に立って

大勢の生徒に教えるようなカタチの

予備校について解説しようと思います

 

 

自身は大阪の河合塾の医進館

(東京でいう麹町校)

というところに通っていたので

そちらでの体験をメインに

メリット、デメリットを話したいと思います。

 

ライブ授業(河合塾)

【メリット】

✳︎情報が多い

 

やはり大手予備校というのは

生徒数も多いため毎年ありとあらゆる

ケースの受験生が入校してきます

 

そのため予備校には膨大なデータが残り

先生も受験生が苦手になる分野であったり

偏差値の伸びなどがデータを見れば

だいたい予測することができます。

 

ということで失敗例、成功例を

多く知っているのでそのような情報を

聞けるのもかなりの利点ではないでしょうか

 

✳︎先生に直接質問できる

ここも前回お話した映像授業の東進と

比べて優れた点であると思います。

 

やはり授業中に生まれた疑問や

自習中に生まれた疑問

これらをすぐさまプロに質問できるのは

本当にありがたいです。

 

もやもやしてる箇所が

その日に潰せるので助かります。

 

✳︎生徒数が多い

自身の通っていた医進館は

ちょっと特殊で一定の成績以上

(偏差値証明)がある人しか入れないのと

 

全員が医学部志望という特殊な校舎でした。

そのため周りはほぼ有名私立の進学校の子や

再受験でも真面目な人が多かったです。

 

そのため分からないところがあっても

友だちつまり生徒の誰かに聞けば

分かるというケースが非常に多いです。

それに医学部受験の情報のシェアもできます

 

特にうちの校舎ではそうでしたが

大手予備校なら他の校舎でも

生徒数がおのずと多くなるので

医学部志望や有名大志望の子に遭遇する

可能性が高いのです。

 

受験とは己との勝負ですが

やはり周りの環境も大切ではないでしょうか

 

さらに映像授業の予備校と比べて

生徒間の距離が近いのも特徴の1つです

 

 

【デメリット】

✳︎授業自体に特化性がない

 

教材も考えて作ってあるため

とても良問が多いです。

ですので基礎や標準の学力を伸ばすには

もってこいなのですが

 

医学部というのは

国公立と私立では大きく問題傾向が違い

志望校によっても勉強方針は

がらっと変わってきます。

 

ただ医進館という

比較的、医学部に特化した校舎でさえ

私立用の教材、国公立用の教材は

分かれておらず全てが一緒です。

 

これはある学力までは良いですが

やはり普段から志望校の過去問ベースで

勉強するような医専予備校よりは

かなり遠回りな気も少ししてました。

 

✳︎相談する相手が受験を分かっていない場合も

 

これは職員(チューター)などです。

定期的に面談が行われるのですが

その相手は現役の医大生でもなく

ただの毎年生徒を見てきた職員です。

 

実際に医学部受験をしてきてない人たちです。

なのでメリットとして情報が多いともあげましたが

その情報を活かし切れず一般的な

アドバイスしかできない印象があります。

 

ですのでやはり友だちに聞いたり

といった情報集めというのは個々で必要です。

 

 

※個人的には医専の塾長などのブログなどを

見てここ数年の問題傾向分析や志願者数であったり

補欠の繰り上がり状況を確認していました。

 

✳︎空き時間がある

 

まぁこれも問題ないと言えばないですが

やはり授業のスケジュール上

大きな休み時間が出てくることがあります。

 

この時に友だちが多くできる予備校で

ちゃんと自制心がないと時間を大幅に無駄に

してしまう可能性があります。

 

 

この空き時間をうまく使えるか

使えないかが合否に影響してくることは

みなさんも分かると思います。

 

最後に...

ということで大手の予備校の中では

最高の環境にいた自分でも評価としては

可もなく不可もなくといったところでしょうか

 

特に私立医学部では

大学の特徴や過去問をよく知っている方が

偏差値を無駄にあげるよりも

確実に合格に近づきます。

 

偏差値60弱で1校だけ受かる人もいれば

偏差値75で複数校補欠になりながらも

結局受からなかった人もいる世界です。

 

ですので大手予備校に

はずれはほぼないと思いますが

どこかでこの志望校に向けた勉強を

自分でしなければならないのも事実です。

 

ただ値段は標準なので悪くはないですよ

ということでまた次に続きます

何か参考になれば幸いです

 

ご拝読ありがとうございました

 

続きはこちらから

www.dakujem.work