Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【海外散策】コロンビア/ボゴタ/カリ編 おすすめスポット

どうもこんにちは、しょーんです :))

今日はコロンビアの首都ボゴタとカリについてのご紹介です。

 

 

公用語はスペイン語

通貨はコロンビアペソ

気候30℃前後(首都はちょっと低め)

 

 

 

ただ予習していると十数年前まで

 

首都ボゴタは世界一暴力的な都市

第二の都市メデジンは暗殺の世界の首都

 

と呼ばれていたそうですwww

さすがに好奇心よりも少しだけ恐怖が勝りましたが

ここは経験!!

 

3日目以降はコロンビア人の知り合いに案内を頼み

約1週間過ごすことになります

 

f:id:Dakujem:20190328024047j:image

 

厳戒態勢の中"ボゴタ"で最初に来たのは

"ボリバール広場"

 

ここは多くの屋台やパフォーマーがおり

観光客で賑わっています。

といってもアジア人は旅中は見かけませんでした

日本人が歩けば目立つ。そんな感じです笑

 

ちなみに英語はあまり通じず

英語OKのホテルの受付でさえgoogleさんのチカラで

なんとかコミュニケーションを取っていました


f:id:Dakujem:20190328023824j:image

 

"ラ カンデラリア"

広場の近くにありとてもお洒落な建物が多いです

 

余談ですが出発前にカナダ人の知り合いに

旅行中は変なものをカバンやポケットに入れられないようにね

と注意されました。

確かにそんなものを持って空港に行けば最悪です。

こういう種類のトラブルもあると覚えておいてください。


f:id:Dakujem:20190328023848j:image

 

ホテルに向かうために街見学の一環で歩いて帰っていると

とても廃坑とした土地を発見しました。

広場から近かったので大丈夫かなと思っていたのですが

あとからコロンビア人に聞いたら

ここはダメだよタクシーで帰らなきゃと言われました。

歩きたいやん。


f:id:Dakujem:20190328023829j:image

 

コロンビアの食事。

値段はというとやっぱり安い!!

そして思いの外、美味しかったです。

ただ毎回の量がすごいのと油っぽいので

食後はいつも爆発しそうになっていました。


f:id:Dakujem:20190328023837j:image

 

コロンビアでは果物が安く手に入るので

フレッシュジュースがとてもリーズナブルでした

日本で飲むと高いですよね...

 

f:id:Dakujem:20190328023816j:image

 

そしてボゴタを満喫したあとに

飛行機できた第三の都市"カリ"。

こちらはどちらかというと街並みも住んでいる人も色黒の人が多く

The Colombia !! と勝手に感じてしまいました。


f:id:Dakujem:20190328023843j:image

 

そして中心地へ行ってみると

あら意外!?とても整備されていました。

すごくきれいな街並みで発展してるな...

と思ったのもつかの間大きなトカゲが横切っていきました笑


f:id:Dakujem:20190328023902j:image

 

 

治安はというとホテルもそうですが

住居の塀がどこも高くやはり防犯意識はあるようです

ただ自分は知り合いがいたので本当に危ない場所は

自動で回避していたので旅行の際は

土地勘のあるコロンビア人やアテンドをつけることをお勧めします。

 

そしてここで最強の助っ人が現れます笑

現地のありとあらゆるところに連れて行ってもらいました。


f:id:Dakujem:20190328023852j:image

 

そしてご飯も美味しいけど

やっぱり油っこくて量がすごい...


f:id:Dakujem:20190328023810j:image

 

そして友人のお兄さんがアメリカに音楽の修行をしにいくと

いうことでお見送りのライブを観にいくことに。

親戚もたくさん集まっていてとても盛り上がっていました。

 

クラブにも連れていってもらいましたが

日本とは違って本当に老若男女ダンスを楽しんでいる感じです

サルサを体験したのですがやっぱりキレが違い

少し自分に悲しくなりました泣

しかしいい経験になりました :))


f:id:Dakujem:20190328023857j:image

 

いかがでしたでしょうか?

実際に現地の人とも会話したのですがとても優しかったです。

 

なかでも初日の夜に空港からのタクシーで

違うホテルに着いてしまったとき

そのホテルの人が状況を理解してくれて

実際に泊まるホテルに遅れる電話をかけてくれ

安全なタクシーを呼んでくれてと

スペイン語が話せないので本当に助かりました。

 

日本人は目立つため気をつける必要はありそうですが

ちゃんと準備をしていけば

普段味わうことのできない経験や空気感を味わえる。

そんな素敵な土地と人々でした。

 

ご拝読ありがとうございました

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

 

何か質問がある方は

以下のTwitterに設置してある

質問箱(Peing)に質問を

入れていただければYouTube上で

匿名のまま回答させてもらいます。

コメント欄でも受け付けています。

Twitter→ @Mrshone326

質問箱http://peing.net/ja/mrshone326 YouTube →https://www.youtube.com/channel/UCcibKUIr0fzQRWtOcxBYg1w