Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

魂はあなたの発するすべてに宿ると思う件

どうもこんにちは、しょーんです :))

 

"魂は細部に宿る"

そんな言葉がありますよね。

 

 

これを見た時。

ん〜他の全部にも宿ってるんじゃ?w

と個人的に疑問に思ったので

この記事を書いてみることにしました

 

魂は文字に宿る

これはよくブログを見ていて感じます。

記事の作り込み方、文章の質。

一番感じるのが単語のチョイスです。

 

モチベーションの低下している人や

とりあえず作業として書いた文章というのは

見ただけでなんとなく分かります。

 

 

選ぶ単語や文章に覇気がなく

活き活きしてないのです。

 

人間は無意識的にでしょうが

気分が落ち込んでいる時、やる気がない時は

そんな気持ちが行動に出てしまいます。

つまり文字に出るのです。

 

ですので自分自身も気が落ちている時は

おれの話を聞いてくれ!!

といったような情熱的な記事は

避けるようにしています。

 

気持ちが文字にのっていないと

読者を惹きつける文章を書くことは

不可能だと考えているからです。

 

魂は目に宿る

自分は真剣な会話をする時は

絶対に目を見るように心がけています。

 

なぜかというと

人間の関心や興味といったものは

目によく現れると思っているからです。

 

 

こちらが結構、熱めな話をしていても

興味がない人は集中して聞いていないので

いくら相槌をうって質問してきても

どこか目に生気が感じられません。

こんな時には生産性がないので話はストップ。

 

 

一方、話に興味があって聞いてくれる人や

どうしても自分の熱意を伝えたい人。

そんな人は明らかに目がキラキラしています。

話が下手でも情熱を注いでいる気持ちは

なんとなく伝わってきますw

 

そんな必死で何かを伝えたい目を持った人の話なら

この人は何をそんなに喋りたいんだとハナシ下手でも

ちょっと集中して聞こうかななんてなりますw

 

目は口ほどに物を言う

 

まさにその通りだと思います :))

瞳の奥はとても正直です。

 

魂は行動に宿る

これは生活していてよく感じます。

例えばおもしろい企画をやろう!

(旅行でもビジネスでも何でも良いです)

と知り合いと話してたとします。

その時はまぁまぁ盛り上がるでしょう。

 

ただやっぱりそれらに対して

本気ではない人というのは

初動がびっくりするくらい遅いです。

 

 

そしていざ下調べが始まったとしても

調べ方が雑情報量が少ないです。

 

ネットで情報なんか溢れてるし

いくつか文献見ればそれなりの知識は

手に入る時代だと思います。

 

 

もう人任せにしてる時点で

あまり興味ないんだろうなと感じます。

 

 

大切なことこそ情熱を持った人としたい。

初動のスピード情報収集における

自発性は本気なのか魂が入っているのかを

見極める上で非常に重要でしょう。

 

最後に...

これ以外にも表情、姿勢、動作、

メールの返信など色んなところで

判断することは可能だと思います。

 

つまり下手なテクニックで

コミュニケーション能力の高い人や

人をよく見てきている人の

目を欺くことは不可能です。

 

 

熱量の差は必ず伝わります!!!

 

 

ですのである程度は

正直に生きた方が良いかと思います

あとこれらを察する能力も

同時に身に付けたいですね :))

 

自分もいつまでも

魂の入った目を持ち続けたいものです。

 

ご拝読ありがとうございました