Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【ブログ】なぜ顔出し投稿をつづけるか

どうもこんにちは、しょーんです :))

今日はブログを開設するにあたってなぜ自分が

顔出しで始めようと思ったか理由を述べます。

 

 

まず最初に

"ナルシストなだけでしょ"

という声。

案外間違ってないかもしれませんww

 

ただ色んな人と会ってきているので

相対的に見て特段イケメンではないことは

わかっています。

ただ自分のことは顔ではなく全体的に大好きなので

アップするのに躊躇はありません。

 

 

次にリスク。

メディアに顔を露出して意見を述べるということは

ある程度リスクが生じます。

会社であれば見つかれば注意されることもあるでしょう

ただ自分の場合、海外に住んでいますし

どこかに属しているといっても学校や

ちょっとしたコミュニティーくらいなので

完全に社会的にモラルを逸脱した記事をあげるか

病院のコンプライアンスなどに違反しない限り

ほぼ問題ないでしょう。(守秘義務など)

 

 

そして考えた挙句

顔出しでいこう!と決めた理由をいくつか説明します。

 

f:id:Dakujem:20190412134037j:image

 

 

1、考えが届きやすい

2、発言権がうまれる

3、顔は心をあらわす

 

 

 

1、考えが届きやすい

 

自分のような情報発信系のブログではなく

自己啓発のような人の心に訴えるような記事を書く人間は

相手にいかに文章だけでなく書き手に興味を持ってもらえるか

共感を持ってもらえるかが重要になってきます。

 

そこで全てを伏せたまま熱意ある記事を書いても

その魅力は減弱するのではないのかと考えています。

顔を出して書くことによって匿名性が薄くなり

記事に魂がこもっているように見えるようになり

外注のような記事になることはなくなるのではないでしょうか

 

 

2、発言権がうまれる

 

考えは個々それぞれあるので批判するのは結構ですが

それが匿名ってある意味卑怯じゃないですか?

ネットでもよく批判などを目にしますが

その意見は結構ですが、その批判の対象の人を

目の前にして同じことが言えますか?ということです

 

軽くチャットをするくらいなら良いですが

大々的に批判や自分の考えを発するのは

匿名であれば基本的にあまり価値がないと思います。

なぜなら当の本人だけは匿名という名の盾で

守られている訳ですから。

少なくともテレビで露出している人や顔出ししている人と

同じ土俵にはあがることは不可能でしょう。

 

 

 

3、顔は心をあらわす

 

一概に見た目だけで判断できませんが

顔や目などのパーツ、そして表情には

性格や心の状態が反映されます。

これはブロガー初心者の自分にとっては

かなりありがたいです。

 

うまく文章構成できないときでも

あーこいつならこんな文が書きたかったんだなと

会ったことがなくても想像はしてもらえやすいです

前述してように記事の内容や熱意も

圧倒的に伝わりやすいでしょう

 

 

 

最後に...

もちろん誰かに迷惑がかかるから。

軽い気持ちでブログをやっている。

ブログでリスクなんて御免だ!

だから顔は伏せてやっている

そんな意見もアリでしょう。

 

今回投稿させてもらった内容は

あくまで主観でありみなさんを否定したり

するものではありません。

 

ご拝読ありがとうございました