Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【最重要】初心者の日常英会話 〜知識よりも心構え〜 

どうもこんにちは、しょーんです :))

今日も英語についてお話したいと思います。

 

その前にここどこだと思いますか?

そうですギネスビールで有名なアイルランドになります。

 

ちなみにですがこのビールはタダです!笑

1杯しか飲んでないのに、

まぁゆっくりしてってともう1杯くれました

自分が良くしてもらったからですが

型にはまらない接客も素敵ですね!笑

f:id:Dakujem:20190226061503j:image

 

さぁ本題に入りましょう。

そもそもなぜ世界の非言語圏の国の人に比べて

日本人は中高と6年間も英語を勉強しているのに

英語が喋れないのでしょうか?

 

簡単ですつまりそれは

喋ることを目的としておらず主に試験のために勉強しているからです。

英語は大きく分けて4つのパートに分けられます。

 

 

1, Reading 読む

2, Writing   書く

3, Hearing  聞く

4, Speaking  話す

 

 

日本人は1,2は実際には割と出来ている方だと思います。

問題は3,4だと感じている方も多いのではないでしょうか?

3は洋楽を聴いたり電車の案内で聴いたりと

生活の中に少し溶け込んでいるかもしれませんが

4に関してはほとんど関わりがないといった方が大多数でしょう。

つまりは圧倒的に

 

 

"アウトプットの量が足りてないのです"

 

 

ここが一番の日本人の英語学習における問題だと思います。

勉強はインプットとアウトプットの工程があり

 

 

インプット:単語、熟語、文法を覚える

アウトプット: 話す、書く など

 

 

があり日本人はアウトプットにかける時間が

インプットにかける時間よりはるかに少ないのです。

 

 

海外の英語学習者ではどうでしょうか?

彼らの姿勢というのはとても日本人とは真逆です。

 

 

彼らは間違いなどあまり気にしません。

覚えたことをとりあえずは使ってみたいのです。

 

 

スペイン語なまり、イタリア語なまりの英語というのは

自分にとってはかなり聞きにくいです。

それこそ"クセが強いんじゃ"です。笑

 

ただ彼らはおかまいなしに伝えたいことを学んだことを

とりあえず披露してきます。

日本人との違い分かりますか??

つまりは

 

 

"完全を目指していない"

 

 

ここがかなり大きいと思います。

完全を目指して喋っていないがゆえに失敗が気にならないのです。

そのためアウトプットが自然とできています。

 

 

日本人はRとLの発音が苦手なのは有名ですが

彼らはRは巻き舌にするんだ!!やってみなよ!!

と言ってきます。でも実際Rは巻き舌では発音しません笑

 

まぁどうしてこんなに堂々と言えるのかは分からないですが

とりあえず自信を持っています。笑

 

 

さて一方、日本人はどうでしょうか?

完璧な英語つまりなめらかで

かっこいい英語を喋りたいがために

日本人の前で英語を喋るのをためらったり

発音を気にしすぎるがあまりに

喋りづらくなっていませんか?

 

これらが英語力の成長を妨げているのです。

日本語はそもそも外国語に比べて音が少なく抑揚もあまりない言語です。

 

 

"苦手で当たり前、なまりがあって当たり前"

 

 

そもそもどんなに日本語がうまい外国人でも

日本人レベルで場面に応じて言葉を選んで

喋ってる外国人がそんなにいますか?

おそらくほぼいないでしょう。

なぜなら彼らにとって第一言語ではないからです。

とりあえず初心者の方は

 

 

"完全は捨ててアウトプットの機会を多くしてください"

 

 

それが日本人の英語学習者に足りない心だと思います。

Your English skills will be improved as long as you don't forget possitive attitude .

 

 

ご拝読ありがとうございました