Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【語学留学*英語】初級者&中級者 現地での過ごし方 part1

どうもこんにちは、しょーんです :))

 

今日は渡航後の現地での過ごし方について

勉強面を中心にお話します。

 

 

ちなみに自分は海外経験があったので

クラス別けは1番上のクラスでしたが

自己評価では中級より少し上くらいの英語力だと認識しています。

幼馴染も英語を使う仕事をしていてTOEIC900点ほどですが

それでも自己評価では上級者との差を感じるらしく

中級の英語力らしいです。

 

なのでこの記事は

初級者、中級者の方に向けてのものになります。

 

【初級者】

まずどうやって勉強しましょうか?

以前お話したように日本人が英語を話せない理由として

アウトプットの機会が完全に足りていません。

ですのでせっかく海外まで来ているのですから

できるだけ外国人と話したり外出するようにして

英語というものを早く苦手意識から消してください。

使えば使うほど楽しくなってきますよ ;))

 

 

あと不安なのは分かりますが語学学校で

同じ人種で固まったり母国語をよく使ってしまう人は

本当に英語を学びたいと思って来ているから敬遠されます。

最初は誰だって話せないのは当たり前。

学ぶ姿勢だけでもちゃんと全面に出して

日本人との交流は極力少なめでいったほうがいいでしょう

 

 

次に、話す相手は外国人であれば

ネイティヴにこだわったり、気にする必要はありません。

先生以外のネイティヴと長時間話すのは

正直このレベルではまだ難しいです

とにかくクラスメートやフラットメイトなど仲良くなり

日頃学んだことのアウトプットを心がけてください。

 

f:id:Dakujem:20190329231650j:image

 

そして初級者の方は文法がよく分かっていません。

文法は英語の基礎の基礎です。

文法なしで喋れるよと言う人もいるかもしれませんが

どこかで文法なしでは限界がやってきます。

 

初級者を見てみると英語の教材で頑張って文法を勉強しようとしています。

英語で説明文を読み文法を覚える。

ちょっと厳しいのではないでしょうか

なので個人的には何人かに日本語の教材

文法は勉強するように勧めていました。

(大学受験用の教材で構いません)

 

 

こちらの方が日本語の説明なので明らかに効率が良いです。

自分は過去に大学受験で1冊仕上げておいたので

文法で苦労することはほぼありませんでした。

たまに知らないことが出てきてメモして覚える程度です。

なのでできれば文法は日本にいるうちに準備できていたらBestです。

 

海外に来ているのに母国語でできる文法の勉強に

時間を費やすのは非常に時間が勿体ないです。

それなら外国人との会話で自分が知らない頻出の"フレーズ"や"単語"

覚えていく方がよっぽど留学に来ている意味があると思います。

常にうまい発音や表現を

探してそれらをコピーしていってください笑

 

 

あと勉強のコツなのですが

留学期間が永遠であればよいのでしょうが

残念ながら時間は有限です。

自主学習にしろ語学学校の勉強にしろ

単語やフレーズを全てを覚えようとするのではなく

よく使いそうなものから優先的に覚えていって下さい。

 

英語を使って経済の分野で活躍したいのに

医学単語をいくら知っていても意味ないですよねwww

取捨選択がとても大切です。

 

ん〜例えば

まずは自己紹介や趣味を話す時や生活に必要な単語などを

最初に覚えるとよく使うので良いかもしれませんね!!

 

・get in / out : private (taxi , boat , my car)

・get on / off : public  (bus , train , ship)

 

など日常で使う乗り物の乗り降りで使う表現の

違いなんかを最初のほうで覚えてみてもいいかもしれません

 

 

 

 

最後に...

今回は長くなりそうだったので初級者の方だけにむけた記事に

なってしまいましたが次回、中級者の方への記事も書きます。

 

初級者の方は初めは苦しいかもしれませんが

中級者が上級者になるより初級者が中級者になる方が

圧倒的にカンタンです。

 

Listening , Speaking , Reading , Writing すべての分野を

毎日少しずつでも勉強すれば必ず上達します。

学校任せにせず、コツコツと自分で勉強し

積極的な姿勢Positive Attitudeを持って生活すれば

できることがどんどん増えていくでしょう。

留学が実あるものになりますように

 

ご拝読ありがとうございました

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

www.dakujem.work