Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【体験談】海外医学部 ヨーロッパ編Part.3 〜受験のため現地へ〜

どうもこんにちはしょーんです。

 

ということで

とうとう受験の日程が近づいてきました。

 

 

しょーんが受けようと思った大学は

現地でのみ受験可能であったため

ヨーロッパに行く必要がありました。

 

正直、受験内容が暗記だけだったので

観光の方が楽しみで仕方なかったですwww

 

 

というのもそれまで

東南アジアもしくはリゾート地か

高校の修学旅行でニュージーランドくらいしか

海外に行ったことがなかったからです。

 

f:id:Dakujem:20191204040308j:image

 

 

まぁ念は押す性格なので

行きの便ではずーっと勉強で

現地のホテルに着いても

ずーっと受験までは勉強していましたが

 

頭ではモーツァルトが

流れていました

(´・Д・)」

 

 

というのも余った時間は近くにある

ウィーンの観光していいよ。とのことだったので

モーツァルトはもともと好きだったし

アマデウスという彼の生涯を描いた映画も

何回も観ていたのでそんな地へ行けるのが

何よりも楽しみでしたwww

 

 

まずは試験当日w

そこにはヨーロッパ人の受験者がいっぱいいました。

逆にほとんどヨーロッパ人なので

日本人集団はかなり浮いていたと思いますw

あと初めての大人数の外国人にびっくりw

 

 

ただそこから試験場へ案内されて

入試というやつがスタートするのです。

 

 

しかしその当時のしょーんは

試験官が発する指示が全く聞き取れません。

英語が早すぎてよく分かりませんでしたw

いつか聞き取れるようになるやろ

まぁええか...

 

そしてマークシート方式だったので

書き間違えだけないように気を付けました。

 

 

 

ちなみに試験は終わった人から抜けてよかったので

暗記はちゃんとやっていたので早めに抜けました。

そしてその日の夜に得点がネットで発表。

 

 

( ゚д゚)95%

 

 

まぁ暗記だけなので

こんなもんかと思いつつ

聞いていた合格ラインよりは

余裕を持って上の得点率だったので

合格は確信しました(後日日本で結果は知らされます

 

 

ということで9月からの

入学がほぼ確定したしょーん。

 

思いっきりウィーン観光をして

ヨーロッパを肌で感じて

ん〜また数ヶ月後戻ってくるのか〜と

胸を躍らせながら帰国の途へ。

 

※それからウィーンへは何回も行くことになります

www.dakujem.work

 

解放されたからかなんなのか

帰りの飛行機では飲みに飲んで

気づいたら日本!それくらいあっという間でした。

 

 

そして日本到着。

さて残された日々を楽しまねばw

 

 

しょーんにはいつの間にか

彼女がいたので思い出づくりで

色んな所へ行きました。

 

f:id:Dakujem:20191204044003j:image

 

 

すごい綺麗じゃないですか?

この温泉とか。え?どこにあるって???w

 

www.dakujem.work

 

 

決まってるじゃないですか

兵庫県の有馬ですよ!!!!!!!w

 

温泉といったら日本三名泉の

ここでしょ(´・Д・)」

 

 

ということで8月末まで

残された日々を楽しむことになります。

 

 

兵庫県のお偉いさんへ

 

あの衝撃的会見だった

野々村竜太郎元議会議員のことは

忘れてやってもいいです。

代わりにこんなに有馬のこととか

六甲山の危なさとかアピールしてるんで

ぼくを観光大使にしてください。

僕はあんなに泣きませんw

 

 

つづきはこちら

www.dakujem.work