Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【体験談】海外医学部 ヨーロッパ編Part.1 〜事務所に入る〜

どうもこんにちはしょーんです。

本記事にて250記事目。

 

 

ついでにYouTubeでの

医学部再受験体験談の話も終了。


#11 医学部再受験の体験談Part.1〜薬学部から医学部を目指したきっかけ〜

 

 


#23 医学部再受験の体験談〜再受験経験者からメッセージ〜

 

多分しゃべりも大分上手くなったはずw

さらにはね、今後の復学にもある程度目処が

立ったのでおも〜い腰を上げて

 

 

ヨーロッパ医学部の話をしていきます。

書く気が起きませんでしたがBlogでは解禁しますw

 

f:id:Dakujem:20191201170715j:image

 

まず再受験に偏差値70あり

1次には複数校受かりながらも

最後まで2次の壁に阻まれたしょーん。

 

 

医学部のいざこざは知っていたので

取り敢えず!頑張れる自分になったし

舞台を変えて頑張ろうかな。

 

あとヨーロッパ好きだしwww

と軽い気持ちで海外医学部に

進むことを決意しました。

 

 

ちょっと前に色々な大学で

不正が明らかになり大胆な点数操作が

しにくい環境になりつつあり

今はチャンスでありますが

 

それでもしょーんが

再受験していた頃からその時期まで

自分がずーっと頑張れていたかと言われると

疑問なのでまぁ後悔はないです。

 

 

まずしょーんは年に何回か行われる試験。

事務所(仲介業者)に入る試験を受けることになります

 

内容は

・生物(日本語)

・化学(日本語)

・面接(英語)

 

 

でした。

受験当時は英語なんて喋れるはずもなかったですが

まぁ片言でなんとかなりました。

 

なので入るのは容易でしょう。

 

 

後になって知るのですが

仲介業者は海外の大学と提携しており

業者を通さなくては入れないとこもあります。

※通さなくても入れる学校もあります

 

 

その事務所への手数料は数百万

大学の学費は大体年間100万程度。

 

日本の医学部と比べると

国立大よりは高いですが私立よりすごく安い!

ただ事務所へ入るお金は非常に高いです。

 

 

まぁしかし海外なんて

えっ(´・Д・)」???

 

 

みたいな感覚だったのと

無犯罪証明書や現地で在住カードを取得するため

現地警察に行くことを考えると

 

英語が喋れなかったしょーんは

情報料として払うほかなかったです。

 

 

ということで受験が終わり

4月から8月までその事務所で予備コースと

いうものがあり5?6?月の入学試験。

そして9月の入学式に向けて準備することになります。

※海外では9月始まりの学校がほとんどです

 

 

志望する大学や国は自分で決めることができますが

取り敢えずはその中でも先輩が多いところにしました。

 

まぁ本当は国名くらい言っても

問題ないでしょうがまだ先輩とか同期などもいるので

ここでは欧or東欧と濁します。

 

 

ということで

4月から予備コースに入りヨーロッパ医学部への

入学を目指すことになります。

 

 

続きはこちら

www.dakujem.work