Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【六甲山】摩耶山に登った話 Part.3

え〜こちら男性と女性の身柄を保護し

署へ向かってるところです。

 

 

しょーんと彼女はとりあえず

事情聴取のために警察署へ向かうため

パトカーに乗っていました。

 

そうだな現地で解放される訳ないか

シチューにはもう少し時間がかかりそうだ...

そうしょーん達は話していました。

 

え〜服装ですが...

女性ですがシャツにデニムパンツ〜

男性は〜....それどんな服装?

 

 

これですか?

説明しにくいなぁ...

エスニックな服装です。

 

え〜エスニックな服装だそうです!

 

 

アラジンのような服装は

説明のしようがなくエスニックということで

どうやら署に報告がいったようです。

 

 

そのまま書くんだw

と思いつつもそこはツッコミませんでした。

そして署について事情聴取が始まります。

 

年齢は?

 

 

21です。

 

 

彼女さんは?

 

 

19です...

 

 

( ゚д゚)じゅ、じゅうきゅうぅ?

 

 

 

何か良く分かりませんでしたが

ざわざわしてました。

 

いや〜未成年やとね

そのまま帰せへんのよ〜

親御さんに迎えにきてもらわんと...

ついでだからキミもね

 

 

 

う、嘘だあぁぁぁ...

そうなるとシチュー計画もなくなるし

何より彼女の親に合わせる顔がない。

 

全力で懇願したものの

すぐに親に連絡がいってました。

 

 

 

終わった...

 

何せ長く付き合っていたので

いつかは挨拶していたいと思ってたものの

初対面の印象が最悪すぎる。

 

 

しかも時刻は午後9時過ぎ。

しょーんの親も彼女の親も

クルマだと1時間くらいのとこに

実家があるためご面倒をまたかけることになるのです。

 

 

やっちまった...

その間も年上で成人していたしょーんは

みっちりと男の責任とやらを

教え込まれ怒られました。

 

 

1時間が経ち

先にしょーんの親が到着。

案の定めちゃくちゃ怒られました。

 

 

ただしょーんの心はそこにあらず

彼女の親に謝る言葉だけを考えていました。

 

 

そして15分後くらいに

彼女の親も到着しました。

 

顔を上げてみると...

い、いかつぅ((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

そう彼女の父親は柔道のある団体の

理事長を仕事とは別でやっており

びっくりするほどいかつい感じでした。

 

しかも彼女は三姉妹の末っ子。

可愛くないわけがありません

しょーんの命のカラータイマーがピコンピコンと

鳴っているのが分かりました。

 

 

21年の生涯に悔いなし!!!

 

 

とりあえず一昔前の折りたたみ携帯くらい

深く頭を下げて謝罪しました。

 

ただしょーんの親もいたからか

親同士や警察とは少し話していたものの

お父上は終始無言でした。

 

 

 

殴るなら殴ってくれ...泣

 

 

ただ無言...

 

 

この頃には午前0時を過ぎ

ようやく釈放の時が来ました。

 

 

そして別々に帰ることになり

相手方の母親とは話したものの

父上からは最後まで何も言われませんでした。

 

 

これが女の子と付き合うということか...

 

 

しょーんはその想いを胸に刻み

しばらくはじっとしておこうと誓うのでした。

 

 

あと1つだけ説が浮かんできました

可愛い子の父親

イカつい人多い説。

 

 

これ結構当たってると思うんですけどねw

とにかく真似しないでねw

 

-完-