Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【六甲山】摩耶山に登った話 Part.1

もう時効だろう。。。

みなさんは神戸に日本三大夜景が

あることをご存知だろうか?

 

そう長崎、函館とともに

神戸の六甲山(摩耶山)もそのうちの1つ。

https://www.feel-kobe.jp/area-guide/rokko-maya/

 

 

掬星台(きくせいだい)という所。

手で星がすくえるくらいの場所というのが

名前の由来らしいがそこからの景色が絶景なのだ。

 

 

 

1000万ドルの夜景と言われている。

ケタがまるで厨二病くさいが実際そうなのだwww

10億の夜景が家の近くにある!

 

これは行かなくては...

 

 

しょーん発進

(´・Д・)」うぃぃーん

 

 

 

こうして悪夢は始まる。

 

時は約10年前。

しょーんは新神戸駅と三ノ宮駅の間の

神戸の中心に住んでいました。

 

 

しょーんは絶賛大学3年生。

2つ下の可愛い看護学部の彼女もいて

なかなか楽しい毎日。

 

 

まぁほぼ同棲していて

ある日一緒に帰っていた時に

摩耶山が見えたとさ。

 

 

しょーん閃く( ゚д゚)!!!

1000万ドルの夜景を彼女と一緒に見れば

これは最高の思い出じゃないか!!!

 

 

今からさ〜あそこ登らへん!??

 

いいよ〜

 

 

この軽いノリで10月の山に登ることにw

 

 

 

正直すぐ登って綺麗な景色を見て

帰ってシチューを食べようという安易な考えだった。

どうして毎回こうなんだ....

 

 

以前の記事のように

しょーんはネジが7本なくなっているw

www.dakujem.work

 

 

選んだのはロープウェイでもなく

タクシーでもなく徒歩www

 

旅のお約束はいかに楽をしないかだ

それでこそシチューの味はうまくなるw

 

 

しかもしょーんの服装は登りやすいと思ったのか

う〜んエスニック?な服装(アラジンみたいなw)

彼女はショートパンツにレギンスに

なんか羽織るものというなんとも軽装だった。

 

 

ケータイも持った!

お金も持った!

食べ物は??

 

そうだ登山家のイメージとして

栄養素を持っているぞ!!!

 

 

ということで小魚とアーモンドが入った

アーモンドフィッシュというやつと

水を持参することにした。

 

 

彼女と最高の景色を見るんだ!!!

 

 

こうして午後3時からの旅は始まる。

ただしょーんの家から麓までは1時間ほどで

もうお互いに楽しくて仕方なかった。

 

その証拠にアーモンドフィッシュは

山に登る前に全て胃袋に消えていたのだwww

 

 

 

よ〜し登るぞ〜!!!

 

 

いざ掬星台へ!!!

ぶおぉぉぉ〜ん。

 

 

 

 

その時2人とも上機嫌で

後に起こることを何も考えてませんでした。

 

 

もう少しどちらかに考える頭があれば

あんなことにならなかったのにww

 

 

次に続く

www.dakujem.work