Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【日本語】言語で人格が変わる!!?【英語】

どうもサマータイムが終わり

概日リズム狂ってる系ブロガーしょーんです。

 

 

まだ身体はヨーロッパにあるのでしょうか。

 

今日お話したいのはタイトル通り言語で人格は

変わるのかといったトピックになります。

 

 

なんというか〜

やっぱり日本語を喋っている自分と

外国語を喋っている自分って違うんですよね〜

そんな経験ないですか??w

 

ということで具体的に

どこが変わるのか挙げてみようと思います

※あくまで個人的意見です

 

 

声質

 

そりゃあ言語によって音域が〜

なんて今日はそんな難しいこと忘れましょうw

 

しょーんは英語を話すとき

ズバリ声が少し低くなります。

 

 

英語科卒の友だちに話すと

それは習った人に寄るからだ!

(´・Д・)」

 

 

と答えが返ってきましたが

思い当たる節はあるものの誰に習ったのか

多すぎて特定することができませんw

 

ただ1つ言えるのは

落ち着いてる様に見せたかった

 

 

何故なら個人的にも日本人的にも

海外でナメられたくなかったからですw

 

外国人と話してる日本人って

言っちゃ悪いですが少しオドオドして見える?

声がうわずってるように聞こえる?

 

個人的にはどしーんとしといて欲しい。したい。

ということで元々声がしょーんは高いのでw

最初は意識的に低くしていました。

 

 

今では無意識的に日本語を話すときよりも

低めの声で喋っていると思います。

 

 

表情・ジェスチャー

 

これは冗談のようで本当の話ですが

外国人のリアクションといったらまぁでかいw

映画の役者さんかよといった感じですw

 

ただしょーんが住んだ欧米では

比較的みんなが大きめなリアクションをするので

郷に従えじゃないですが

 

Whyヽ(´0`)/???

Really( ゚д゚)???

Omg/(^o^)\

 

 

と本当になってしまうのですw

逆にこっちのが普通で日本語のテンションだと

リアクション薄...となる訳です。

※余談ですが日本の顔文字って優秀ですねw

 

 

ですからこのような場面でも

英語モード日本語モードは自分の中にありますw

外国語を喋るときはあのオーバーなのが

逆に普通なのかもしれませんw

 

 

性格・行動

 

しょーんは外国語を喋るとき

というか外国に慣れている人などは

特に積極的ですw

 

道に迷っていても

聞いた方が早いじゃん

(´・Д・)」

 

 

これが彼らの口癖ですw

日本人でも聞くのを躊躇わない人はいますが

外国語をちょっと喋る少し海外に慣れた人は

もうで誰かに聞きに行きますw

 

 

そして近くに喋りたい英語ができそうな人が

いたりするとそれこそで挨拶のように

 

どっから来たの〜?

ないすとぅ〜み〜ちゅ〜

(=´∀`)人(´∀`=)

 

 

と喋りかけられたり喋りかけたり...

外国語を喋るときはそんな場面が多いです。

 

同じ地球に生きる限り

わたしとキミは同志だ。

そうだろBro.

 

そんな感じですw

 

 

最後に

 

とまぁ今回お話したのは

欧米圏での言語(主に英語)についてなので

 

アジア圏やロシア?なんかは

また違うのではないかと思います。

 

 

しょーんも英語を使ってない時に

ハグ\(^o^)/

 

なんてことは滅多にしないのでw

日本語には日本ぽい外国語には外国っぽい

そんな適当な振る舞いがあるのでしょう

 

 

しょーんはやっぱり日本人で

当たり前のように日本語が1番得意なのでw

日本語(言葉)のチョイスは気になってしまいます。

 

思っていることが100%伝わるので良い反面。

少ししんどい時もありますねwww

 

 

テキトーな海外が向いてるような気もするし

言葉を大切にするので日本が向いてるような気もするし

よく分かりませ〜ん((((;゚Д゚)))))))

 

 

みなさんはどっちの自分が好き?

www

 

ご拝読ありがとうございました