Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

子どもの英語教育についてのアンサー記事

どうもこんにちは、しょーんです :))

 

先日、読者さんから子どもさんの英語教育と

しょーんが英語を学んだプロセスについて

質問があったので教育者ではないですが

知っている限りでお答えさせて頂こうと思います。

 

 

まず大切なのは

 

・目的

・時期

・方法

 

 

を明確にさせることです。

 

 

目的

 

何のために英語を身につけたいのか。

それによって求められる勉強量も

覚える内容も異なってきます。

色んな人を見てきましたが留学をしている人でも

ここが曖昧だと伸びが非常に悪いです。

 

以前の記事でも書きましたが

英語は比較的簡単な言語だと思いますが

 

日本人にとっては関連性が低いので

英語は難しく時間のかかる言語だと言われています

※スペイン語話者の10倍勉強時間が必要

 

 

ですので英語を身につけようとすると

能動的に学習する動機と行動力が必要です。

 

 

時期

 

"人間の脳は6才までに90%,12歳でほぼ完成する"

 

と言われています。

ご想像の通り早いに越したことはありません。

しょーんの英語話者の日本人の知り合いには

英会話の勉強開始時期で

分類すると以下のような人たちがいます。

 

・しょーん (26歳で渡航

・Aくん(大学生で渡航

・Bさん(大学生で日本で学習

・Cくん(高校生で渡航

・Dさん(中学生で渡航

 

 

英語レベルでは

Dさん>>>しょーん,Aくん,Cくん>>Bさん

 

 

 

しょーんもかなり勉強しましたが

Dさんのほぼネイティブのレベルに行くのは

時間とかなりの根気を費やすので辞めました。

 

 

しょーんはアカデミックな英語が

必要だったので日常会話レベル程度ではいけません。

同様にA,Cくんも英語で仕事をしているので

日常会話とアカデミックではなく

ビジネス英語に強いです。

といったように真ん中のグループでは

単語だったりに得意不得意があります。

 

 

Bさんに関しては仕事で使わないものの

日常英会話としては何の問題もないです。

彼女は大学時代に英語に関する学部でないのに

積極的に外国人と喋ることで

英語を習得した日本人にはなかなか

いない強者タイプですwww

 

 

ただここで言いたいのは

年がたって勉強しても無理だとは言いませんが

若くして渡航して英語圏に残ったDさんの

英語力にはほぼならないということです。

 

 

自分も英語は日本人にしたら

コミュニケーションはまぁまぁできる方ではないかと

思いますがやはりネイティブちょっと下の

レベルになるのは労力がかかりすぎるし

何よりも英語をネイティブレベルにするのが

しょーんの目標ではないので諦めました。

つまりは英語はただのツールです。

 

 

方法

 

上記を踏まえて考えてもらえば

少しご理解いただけるかもしれませんが

英語を学習するにはあくまで能動的。

これに尽きると思います。

 

 

若いうちに海外留学しとけば

向こうでは喋らざるを得ない状況なので

もう学習するしかありません。

 

 

国内に残るとなると

インターナショナルスクールに通うか

親が英語話者であったり

たくさんの英語を喋る機会が必要です。

 

要は環境です。

これを用意してあげるか

お子さん自身でこの環境を求めるように

英語の楽しさを教えてあげるしかないと思います。

 

 

ここで考えなければならないのが

現在そして未来の日本の一般的な教育です。

 

 

新指導要項

 

文科省の出している資料や

センター試験から共通テストの移行に伴った

英語の出題内容を確認しました。

ついでに小学校の先生に話を聞いてみました。

 

 

確かに自分が小学生だった頃とは

ガラッとカリキュラムも変わっているし

ネイティブの先生による授業も増えて

英語に興味を持つ子は増えるだろうな

といった感想です。

 

共通テスト(前センター試験)の配点も

リーディング200→100

リスニング50→100

 

 

と明らかに比重が変わってきています。

平成30年度の英語教育実施調査においても

公立小学校でALT(外国語指導助手)を活用した

授業の時数の割合も71,4%と5年前に比べ

15%も値が上昇しています。

 

 

ただ一定の効果はあるかもしれませんが

これが諸外国のように機能するかは不明です。

 

 

理由としてこれは25年度の同調査の

小学教員の海外留学経験等の状況という調査で

 

該当教員数  348,884人

1ヶ月未満  7,500人(2,15%

1ヶ月〜半年 3,935人(1,13%

半年〜1年  1,607人(0,46%

1年以上   2,871人(0,82%

 

 

というデータが文科省から出ています。

中学教員でも半年以上の海外留学経験者は

全体の17,8 %という結果でした。

少し古いですが英語の先生の海外経験の

この低さはもうチーンじゃないですか??w

 

確かに外国人を採用している学校が

増えているのも確かですが

先生を全員外国人にするのは不可能に近いし

個人的には日本人英語教師が

担う役割も大きいと思うのです。

 

 

なぜかというと発音や英語表現は置いといて

当たり前ですが外国人というのは

いくら英語のプロであっても日本人ではありません。

 

そしてこれは体験談なのですが

ある分野においては日本語で日本人に学んだ方が

圧倒的に効率がいい分野もあるのです。

 

 

ですのでデータからも見てわかるように

海外経験がなく活きた英語もその楽しさも

理解してない日本人教師が何を教えられるのか

個人的にはすごく疑問に思います。

 

自分たちが本質を理解してない分野において

子供達の興味を引き出してあげることが

できるのでしょうか????

 

 

この先どうなるかはわかりませんが

英語のいらない環境の日本とこの教育指針だけで

英語を使いこなせるようになるかと言うと

かなり懐疑的であります。

 

 

体験談

 

しょーんは26歳の時に

英会話はほぼしたことがない

日本では英語はそこそこできる(偏差値70ちょい

そんな状況で海外の大学に入学しました。

 

授業は初日からもちろん英語。

クラスメートもヨーロッパ人のみ。

 

 

自分の英語のできなさにびっくりしましたw

な、何も分からない

((((;゚Д゚)))))))

 

先生が何を言っているかも分からない

ノートを取ろうとしても遅すぎて

次のスライドに行ってしまうw

 

 

勉強がちょっとできていた人から

最下位のレベルまで落とされた気分でしたw

でもそれじゃ大切な授業の連絡事項も聞き逃す...

ましてや友達すら。生活すらできない。。

 

ということで英会話を重点的に

少しずつ頑張ってみることにしました。

とは言え机を前にしか勉強したことがなかったので

そこは段階的にです。

 

・今週は連絡先を交換できた

・今週は誰かと登下校できた

・今週はみんなでランチに行けた

・今週は2人でカフェに行けた

・今週は小旅行に行けた

 

 

こんな感じで自分の中での

できるを増やしていくのです。

 

やはりここでも2つ行動の選択肢があるなら

"英語が上手くなれる方の行動をとる"

といった選択を取れるかが必要だったと思います。

 

 

この積み重ねによって

できる : できないの比重が変わっていき

非英語圏で英語留学でもありませんが

日常会話はかなり喋れるようになってました。

 

 

ちなみに他の学生ではあり得ませんがw

下手すぎたので個人的に英語の家庭教師を雇って

授業の合間に英語をずっと勉強してましたww

要は環境,自発性,行動力が必要でした。

 

 

 

ただ込み入ったアカデミックなところは

さらに時間が必要だったので

本格的に英語圏(カナダ,アイルランド)に

留学することにしたのです。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか

英語はやる気と環境次第です。

 

どこのレベルまでいって欲しいのか

どんな分野を勉強したいかによっても

勉強の深さは変わってくるでしょう

 

 

ただどの分野にせよ英語の情報は

1番早く世に出回り1番ソースが多いです。

 

 

AIがと言われていますが

ありとあらゆる現実世界の英会話において

(商談や人間関係などなど)

優秀な翻訳機を通した言葉と

生声のどちらが言葉に情熱が乗り

言葉に説得力が出てくるかは明白だと思うので

まだまだ勉強しておいて損はないと思います。

感情さえも再現できれば別ですがw

 

 

基本的に英語は日常会話レベルなら

半年あれば余裕で喋れようになります。

ただ本物を身につけたいならば

絶対に早いうちに海外に出た方がいいです。

日本では効率も悪いし本物は身につきません

 

 

あとは世界では英語がいかにスタンダードで

習得すれば可能性や価値観が広がるということ

 

その魅力や楽しさを伝えたり

または感じられるような

環境や人との出会いを小さい頃から

与えてあげられるかが

大切なのではないでしょうか。

 

英語かっこいい〜と思わせてしまえば勝ちですw

すると留学行きたいんだけど…

と本人からお願いされることになるでしょうw

以上になります

 

 

ご拝読ありがとうございました

参考になれば幸いです

 

補足記事書きましたのでご覧ください

www.dakujem.work