Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

コンタクトレンズは必需品

どうもこんにちは、しょーんどす :))

むかーしむかししょーんは眼だけは良かった。

そうマサイ族には負けるが2,0はあったはずだ

 

しかし大学時代に急激に視力が落ちた。

う〜ん原因はわからないけど

とにかく0,1まで落ちた。

 

 

前の方に座れば黒板の字は見える!!!

その他困ることはなかった。

 

しかし車の運転免許を取得するのを

きっかけにコンタクトマンになることになる。

0,1から1,5まであがった。

 

そうして1,5になった時

見える世界が違いすぎてびっくりすることになる

そのエピソードをあげよう。

 

f:id:Dakujem:20190928102841j:image

 

お、お肌が...

 

そう装着前は完璧なくらいに

自分の肌がきれいだと思っていた。

変化いえば日焼けによる色の変化くらい

しかし装着すると...

 

け、毛穴がある

((((;゚Д゚)))))))

 

 

当たり前の話だが毛穴があったのだ

 

しょーんの肌はきれいでも汚くもない。

ただ陶器のような肌と思い込んでいたしょーん。

現実は甘くなかった。

 

それ以来、

毛穴が気になってしょうがないw

 

 

へ、部屋が...

 

しょーんはその時期は小さいが

築年数の浅いきれいな所に住んでいた。

 

ガジュマルだって大切にしてたし

シュガーバインだって大切にしてたし

なんならお酒をリキュール合わせて50本くらい

並べて冷蔵庫にはトニックや炭酸。

ほんでレモンやグレナデンシロップ。

 

 

なんともスカした部屋作りをしていたのだ。

自分的にはまぁまぁ満足していた。

 

がコンタクトレンズ装着後...

 

 

キ、キタナイ

((((;゚Д゚)))))))

 

 

そうイケてると思っていた

お酒の棚や植物の葉にはホコリが...

 

スカした部屋の床のはずなのに髪の毛...

 

 

ちょっと待てよ!!!

自慢げに人をあげていたじゃないかw

 

もう家に上がった人全員が

視力の悪い人と願うしかなかった。

 

 

この前は...

 

しょーんは後輩に

"この前は挨拶してくれて

 ありがとうございます〜"

 

これを言われることが多かった。

"はて、誰だっけ?"

 

"いやいや、どもども〜"

 

内心よく誰だかわからないが

これで乗り切っていた

 

しょーんは日常で

横の友達が後輩に挨拶していると

反射的に手を振るかお辞儀をしていた。

他にも...

 

 

"しょーんさんこの前会ったのに

  無視しないでくださいよ〜"

 

後輩にこう言われた時も

無視をした記憶もなければ

会った記憶もない。

そう!!!!!!

 

シンプルに見えてなかったのだ。

 

 

そう思うと恐ろしい。

今まで何回素通りしてきたか分からないw

初対面でもなかったのだw

 

そう思うとやばい…

相当愛想の悪やつだww

 

 

確かに数m先からしか確信を持って

あいつだ!と特定できてなかった。

 

どうやら良好な人間関係には

コンタクトが必須らしい

 

 

ちょっとした話

 

f:id:Dakujem:20190928111624j:image

 

おまえの手なんか興味ない!

わかった。だが聞いてくれ。

 

しょーんは奇妙かもしれないが

黒板が見えづらくなってきてから

 

 

この人差し指で作った穴から

黒板を見ていたのだ。

分かるよ本当に変なやつだw

 

ただなんだよく見える!

本当に良く見える。

 

 

世紀の発見をした気分だったし

これがコンタクト購入を

妨げていたのかもしれないと思うほど

くっきり見えるのだ。

 

 

ある日

生理学の先生(医者)が今日の範囲(眼)のことなら

何でも質問していいと言うので

このよく見えて仕方ない現象を

授業中に質問してみた。

 

 

答えは簡単に言うと

ここから覗くことによって

カメラのピント調整のようなことを

強制的にしているとのことだ。

 

 

だが!!!

これをやりすぎると

レンズ(水晶体)の厚さを変える箇所に

あまり良くないらしい。

 

そりゃそうだ。

強制的にピントを合わせているのだ。

眼に負担が大きい。

 

だから全国の穴覗きマンに告ぐ。

 

...

 

 

...

 

 

大人しくコンタクトを買おう

(´・Д・)」

 

 

ご拝読ありがとうございましたw