Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【負の世界遺産】アウシュビッツへクラコウからの行き方【ポーランド】

どうもこんにちは、しょーんです。

負の世界遺産として有名なアウシュビッツ強制収容所。

 

ポーランドにあるってご存知でしたか?

クラコウからですと半日あれば

行って帰ってこれるので

 

 

これは生きてるうちに行っておかないと

と思ってたので行ってきました。

 

今日は個人的感想は少ないかもしれません。

※あと画像も場所の説明程度にしときます

 

 

f:id:Dakujem:20190906002720j:image

 

 

まずKrakow Glowny駅からアウシュビッツへの

バスは事前予約しておきました。

確か約400円くらいだったと思います。

 

当日にチケット売り場でも購入できるようですが

早朝(6:20発)だったので予約しておきました。

予約の際はチケットを

プリントアウトしておきましょう。

 

所要時間は目安として1時間半となります。

 


f:id:Dakujem:20190906002758j:image

 

 

そしてバスで向かうにあたって

ヨーロッパでは珍しくないのですが

駅付近のトイレはすべて有料です。

 

時間に余裕を持って行きましょう。

 


f:id:Dakujem:20190906002658j:image

 

 

そしていよいよ到着。

以下が公式サイトのリンクになります。

http://auschwitz.org/en/visiting/

 

こちらも事前予約して行きました。

というのも時期や時間によってガイドツアーに

参加しないと入場できない場合があるのです。

こちらはお金がかかるのですが

時間によっては無料で入場できるので

事前に調べて予約しておくと良いでしょう。

 

入場の前に入り口の隣でガイドブックがあるので

1冊くらい買っておくと短時間で見たい所を

まわれますし補足説明があるので

いろいろと勉強になると思います

 


f:id:Dakujem:20190906002716j:image

 

 

そしてここでもトイレは有料なので

現地の貨幣は持っておきましょう。

 


f:id:Dakujem:20190906002643j:image

 

 

そしてここが入り口。

入場券とID(パスポートなど)を見せて

中へと入っていきます。

 


f:id:Dakujem:20190906002754j:image

 

 

そして荷物検査があります。

 

ちなみにアウシュビッツには

2箇所見学できるところがあり

 

Auschwitz ⅠAuschwitz Ⅱ (ビルケナウ)

ありここの入り口は①を見ることができます。

 


f:id:Dakujem:20190906002738j:image

 

 

そしてすぐに

"ARBEIT MACHT FREI"

という有名な門が現れます。

 


f:id:Dakujem:20190906002648j:image

 

 

そしてこんな感じの道を通って

気になる棟をまわっていくことになります。

 

写真では閑散としているように見えますが

実際は結構な人が見学に来ていました。

 

各棟の詳細はとばします。

 


f:id:Dakujem:20190906002732j:image

 

 

そして一通り見学が終わると

次はビルケナウへ移動になります。

 

ビルケナウへは少し離れているので

シャトルバスが出ています。

 

徒歩でも行ってみたのですが

30分くらいかかります。

 


f:id:Dakujem:20190906002726j:image

 

 

そしてこのような景色が見えてきたら到着です。

 


f:id:Dakujem:20190906002654j:image

 

 

ビルケナウでは降車場や

ガス室、焼却炉の残骸が見ることができます。

 

ですのでビルケナウは

"最大のユダヤ人の殲滅施設"

ということで残骸ではありますが

広大な敷地からもその規模を

感じることができると思います。

 


f:id:Dakujem:20190906002707j:image

 

帰る際は Auschwitz Ⅰ に戻って

先ほどのバス乗り場から

Krakow Glowny駅に向かうバスが出ています。

(早朝から行けば昼過ぎには帰ってこれます)

 

 

さて、ポーランドは綺麗な街の他に

歴史を考えさせてくれる場所もあります。

是非来た際には立ち寄ってみては

いかがでしょうか

 

ご拝読ありがとうございました。

www.dakujem.work