Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【神戸飲み】友だちと外国人のバーに行った話【英会話】

どうもこんにちは、しょーんです :))

 

神戸にこんなところもあったのか!

ということでカナダ人が経営するバーに

お久しぶりの友だちと行ってきました。

 

 

その友だちは6年ぶり?くらいで

自分が再受験をしているときに

東進のチューターとしてアルバイトを

していた5つくらい年下ですが

自身にとっては先生なので

お互いが敬語とタメ口のMIXですw

 

そんな彼もパリ,NY,中国

次にアフリカ?に支店をもつ

立派な外資系商社の社長になっていました。

 

 

大学在学中か卒後か忘れましたが

アメリカの大学に行っていたこともあって

英語もバリバリ使える感じです。

 

ということで一通り

近況報告を終わらせたところで

どうせなら近くにおもろいバーあるから

行こうということになったのです。

 

Barでの会話

場所は神戸の中心である三ノ宮と灘駅の

ちょうど中間くらいのところです。

 

タクシーで行くと

いきなりNY出身とインド出身の男性が

なにか熱心に話し合ってましたw

 

 

おいおい東京やと結構あるから行くけど

神戸にもこんな日本人がいないBarがあるのか...笑

 

 

ということで帰国後、道案内を除いて

久しぶりに英語をつかうことになりましたw

 

 

まぁ1週間程度なので

能力に特に変化はありませんでした

 

 

ということでさっきなに話してたの〜?

と彼らに聞くとどうやら

子育てについて話していたようでした。

 

彼らは幼児と小学生くらいの

日本人とのハーフの子どもを持つ親でした。

 

 

なのでちょっと気になったので

少し質問してみることにしました。

青色:しょーんw

赤色:にゅーよーかーw

 

【会話】

 

子どもたちにとって日本って国どう?

 

 

小さい時はいいと思うよ

だって日本の細かい気遣いみたいなところは

他にはないし学んで欲しいからね

やっぱり人間としてどう生きるかって

伝えるのが親の役目だと思うし

 

 

なるほどね〜

じゃあ大きくなったらどうするの?

 

 

そうだね、たぶん高校までは

日本だけど大学になったらどこでもいいから

海外に行ってなにか学んで欲しいかな

 

 

どうしてそう考えるの?

 

 

子どもには小さい時は

Confortable(快適)にのびのび育って欲しくて

多少大きくなったら世界に出て

Diversity(多様性)を持って生きて欲しいからだよ

 

 

というような会話をしました。

 

個人的解釈

自分はまだ親ではないので

子育てについて分からないのですが

世界を飛び回るおじさんらしい

返しだなぁ〜なんて感じていました。

 

というのもそのおじさんは

医薬品系の会社の経営者で

NYには頻繁にヨーロッパにも

たまに仕事で行くような方だったからです

 

 

様々な環境で生活してきたからこそ

日本や海外をしっかり比較して

学ぶべきことを学ぶべき場所で学んで欲しい

という親心が伝わってきた気がしました

 

最後に...

自分はまだまだ

結婚できるような状況にはありませんが

 

というか結婚できるのか?w

 

 

まぁとにかくw

子どもには自分のしてきたことを

還元してあげれるような親になりたいな

となんとなくですが思っています

 

親のバックグラウンドや経験や

接し方が子どもに与える影響が大きいのは

容易に想像ができます。ということで...

 

 

例えばそうですね〜

あっ!

 

海外に慣れたら

外国がどこかではなくなって

外国人が宇宙人じゃなくなるよ〜

って教えてあげようw

 

 

海外に慣れたら

関西-関東間なんてご近所。

世界地図の距離を縮めてあげたいですね

 

番外

 

あと友だちにも感謝です。

この話を夢中でしていたため

すっかり存在を忘れていましたw

 

 

ただ彼も海外に慣れているので

ほっておいても誰かとどこかで喋ってるし

気になれば入ってくるしで

 

海外ではわりと当たり前ですが

飲みの場が自由で気を遣わなくて良いのです。

 

 

言語の壁があったり

コミュニケーション能力が低いと

どうしても気になってしまい

お互いに全力で楽しめないので

 

勝手に楽しんでくれる

そんな彼との飲みはおもしろかったですw

 

 

ご拝読ありがとうございました