Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【自転車旅】ママチャリで神戸から東京へ行ってみた 4話 〜奈良県は山で始まり山で終わる〜

どうもこんにちは、しょーんです :))

 

ということで5時に起きた2人は

早々に支度を済ませて次の目的地である

三重県に向かうことにしました。

 

しかし地図を見てびっくり。

奈良から三重に行くにはどのルートでも

大きな山しかない...

 

 

ただ2日目で挫折はさすがにw

と思いなんとか自転車が通れそうな山を選択し

三重県の亀山市を目指すことに。

どうして神様は奈良県にこんなに山を...

 

ただ自分には楽しみがありました。

それは中に入れなくても良いから鈴鹿サーキット

この目で見てみたかったのです。

この頃は薬学の単語ではなくF-1用語集

よく見ていたくらい心からF-1にハマっていました

 

着いたらサーキットで音くらい聞けるのかな...

なんて心を躍らせながら2日目がスタートしたのです。

 

f:id:Dakujem:20190516222123j:image

 

早速トラブル

さて越えないといけない山の麓まで着き

いざ三重へ!!!

 

 

ぷしゅうぅぅぅうう.....

 

....

 

 

山を目の前にしてパンクしました泣

いやでも幸いにも目の前に消防署がありました

 

おぉー修理してもらおう!!!w

 

 

さすがに無理です。

さらに聞いたところによると

その地域にはパンクを修理できるところが

ないとの情報だったのです。

オワタ...

 

 

奈良市内に戻るにもなかなか進んできたし

ん〜っと...

パンクしたまま越えちゃおう!w

 

 

ということでこの日はパンクしたまま

1日中自転車を押して山を登り続けました。

もう過酷のなんのって3月下旬なので

この日で一気に焼けて2人とも顔が真っ赤に。

 

ちょ、ちょっと休憩。

 

 

次第にこの言葉が増えてきました。

そこで発見したのが山奥にある小さなラーメン屋さん

助かった、ここで休憩だ!!!

 

あの名が今も頭から離れない

店内を覗いてみると

客はおらずおじいさんともう1人女性店員がいました。

とりあえずご自慢のラーメンを食べることに。

そして店主のおじいさんと喋ることになりました

 

 

"あの、山越えたいんですけど

やっぱり自転車修理するところって

山越えないとないですよね...!??"

 

 

すると店主から帰ってきた言葉は

 

 

わからんなぁ...

それはそうと柳生十兵衛って知ってるかい?

 

 

"いやちょっと分かんないですね"

 

 

あぁ、この地ではね

柳生十兵衛は剣豪として:+[@¥"&'(

 

 

大授業が始まりました

 

 

5分

 

 

10分

 

 

15分...

 

 

ラーメンを作ってもらった建前。

もう遮るのさえ申し訳なくなってきました

いやでもここは先を急がねば...

 

あのぉ...

なんとかお会計に成功しましたw

 

 

"いやぁ貴重な話をどうも

まぁ時間があるとき柳生十兵衛の土地とか

まわってみますね"

 

 

なんて言って立ち去ろうとすると

 

待ちなさい!!!

 

 

えぇぇまだ続くの...

 

 

これを持って行きなさい!!!

 

 

どデカイ箱に入ったチョコをもらいました

お、おじいさん....泣

 

とここで初めて支援物資を手に入れたのです

人って応援してくれるもんなんだ。。

 

自分の脳の記憶のスペースの一部を

10年も柳生十兵衛に占領された代わりに

旅初めてのほっこりを感じました

 

 

とここから少しずつ元気を取り戻し

出発してすぐに山頂につき

パンクしているとはいえ下り坂が多くなるので

わりと楽に三重県の亀山に到着できました。

そしてパンク修理も完了したのです。

 

とはいえずっと歩いて山を越えたのでもう夜です。

ということで近場のネットカフェで

ヘトヘトになりながら一夜を過ごすことになりました

 

つづく

ご拝読ありがとうございました

 

続きはこちらから

www.dakujem.work