Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【海外散策】トロント編  基本生活情報を見てみよう

どうもこんにちは、しょーんです :))

今日は以前に1年間だけ

住んでいたトロントの紹介です。

 

しかし1年といっても住んでいたため

情報が多いので今回は基本的な情報についてです。

ちなみに公用語は英語、フランス語です。

前もご紹介したとおりカナダ人のしゃべる英語は

世界一美しいで有名です。

これは色んな国の人の英語を聞いてきて納得です。

 

住まい

 

f:id:Dakujem:20190507185410j:image

 

トロントの一軒家はこんな感じ。

レンガ調でどこも小綺麗な印象です。

特徴としてはどこの家も地下があります。

 

ただホストマザーに聞いた話なので

嘘か本当か確かめようが

ないのですが、ここらへんの小さな一軒家でも

100万カナダドル(1億円弱)くらいはするらしいです

 

アパートも探したことがあるのですが

値段は日本のだいたいのとこよりも高いと思います。

ということで物件は正直高いので

あながち1億円も盛っている訳ではないかも

しれないですねww


f:id:Dakujem:20190507185403j:image

 

そして街のいたるところにはリスがいます。

リスは英語でSquirrel と言います。

 

ただかなり発音を練習しましたが

自分が発音してきた中で1番難しい単語です。

日本人のほとんどが

正確に発音できないのではないでしょうか

 

あと可愛いですが噛み付くらしいので

安易に手を出さないようにしましょう

 

気候


f:id:Dakujem:20190507185354j:image

春夏秋はいいですが、見てください!

これがトロントの絶望的な冬ですw

 

ちなみに雪もかなり積もります。

そして慣れているためにすぐ除雪材が巻かれます。

この除雪材が厄介でもう良い靴をすぐダメに

してしまいます。オレワ、オコテルヨ!!!!

 

なので街の人はみんな長靴や耐水性のブーツ。

そしてカナダグースのダウンを着ています。

 

しかし!

ファッションにはこだわりがあるので

自分は絶対にダウンなんか着てやるもんかと

最後までスタイリッシュな薄着のコートで

環境に抗いましたww

 

公共交通機関


f:id:Dakujem:20190507185418p:image

トロントは東京などとは違い

とても路線がシンプルです。

なので迷うことはないでしょうが

 

バス、地下鉄、

ストリートカー(ヨーロッパではトラム)に

乗るには下のようなパスかトークンが必要です。

パスは駅で買うことができ

トークンは駅かコンビニで買えます。

トークンとは小さいコインのようなものです。


f:id:Dakujem:20190507185359j:image

 

ちなみにこのメトロパスは学生だと何十ドルか

割引があったはずです。

 

それとバスもストリートカーも

運転手にパスをかざして見せれば前のドアからでも

後ろのドアからでも出入り可能です。


f:id:Dakujem:20190507185351j:image

 

ちなみにバスの前方部にある白いやつは

自転車をのせて運んでくれますw

 

飲食


f:id:Dakujem:20190507185414j:image

 

チップは基本10〜15%です。

さらに元々の値段もかなり高いため

食費はかなりかさみます

 

トロントは色んな料理が食べれますが

あえて何がカナダの代表かと言われたら

プティーンというものです。

 

フライドポテトにグレイビーソースとチーズを

かけた美味しいけど胃もたれしそうな料理ですw

 

ただ多国籍文化なので

中国、韓国、イタリア、ギリシャ、ポーランドなどの

小さな街があり自分の好きなところを

探す楽しみもあります。

 

トロント大学


f:id:Dakujem:20190507185425j:image

カナダ国内1位で世界でもトップ20に入る名門校です。

ちなみに何が有名か...

 

インスリンが発見されたのがここです。

ご存知の方も多いと思いますが

膵臓から分泌される血糖値を下げるホルモンです。


f:id:Dakujem:20190507185348j:image

 

これはちなみにカナダでは有名なジムのバッグです

ヨーロッパでも

"あぁーきみカナダにいたのかい??"

と声をかけられるくらいカナダのジムといったらこれです

 

いかがでしたでしょうか

無難な記事になりましたがこれが基本的な情報です。

それに付け加えるとするならば...

 

前も言ったとおりカナダは礼儀正しく

性差別や人種差別を心から嫌います。

本当に経済面だけではなく発展した国です。

 

次回は観光地などまた違った視点から

トロントを紹介したいと思います

 

ご拝読ありがとうございました

 

おすすめスポットも紹介してるので

よろしければこちらもどうぞ

www.dakujem.work