Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【医学部再受験】【多浪】9浪した人間の考え方と現在

どうもしょーんです :))

タイトルだけで既にパワーワードですw

 

ブログにも写真だけよく登場する彼。

う〜ん..名前はジャッキーにしましょう。

長いお友だちであり再受験の戦友の紹介です。

 

 

本人に写真も記事内容も確認を

とっているので全く問題ないですが

 

9浪ってやばいですよねw

まぁ本ブログに登場してくれるくらいなので

失敗を恥ずかしいと思わずに

糧にして生きて行く人間なのでしょう

 

受かった人より落ちた人の意見の方が

おもしろくないですか??

 

ちなみに彼は純正のMade in Japanですw

f:id:Dakujem:20190505111322j:image

 

出会い

彼とは自分が再受験の最終年に

予備校で出会いました。

 

年は5つくらい上で

とにかくクラスが一緒になってしまった自分は

"こんなケバブ顏となんか絡んでたまるか"

その一心でしたがすぐに仲良くなってしまいましたw

コミュ力が化け物クラスでしたww

 

出会った時、彼は大卒後すでに

6年間も再受験を続けていました

信じられますか?

この後まだ3年もやり続けたんですよ?w

 

まぁ見た目通り何をしてても

かなりおもしろいのですが勉強になると

すごく真面目で最初に来て最後に帰るような人です

怠けて9年になったタイプの浪人生ではないです

 

学力は

この顔で英語が少し苦手でしたw

しかしすべてが私立医学部受験生のなかでは

平均以上で偏差値でいうと

 

その当時の河合塾の記述模試で

総合65をコンスタントにとるような学力です。

全然受かる能力はあったと思います

 

なぜそんな年数に...

彼は出会う前にも1次試験には

何回も通っていました。

ただ受からない...

 

某私大では点数開示で

公表された合格最低点より

上回る得点だったにもかかわらず

落ちています。

 

他大でも知っている人は知っているでしょうが

◯浪以上は内申点0点!!

というところもありましたよね

その時に1次合格しており

1点2点を競う医学部受験で何十点も

元から点数差があると

10%近く得点が下の状態から戦うので

その大学も会心の出来ながらも

合格には至りませんでした

 

どこかの補欠で繰り上げ待ち...

そのような状況が何年も続いていました。

やはり再受験というのは本当に厳しいです

 

その後

このような予備校生活を何年も続け

とうとう9年で彼の医学部再受験は幕を閉じました

理由は最終年に会心の出来でもダメだったので

もう受かる気がしなかったのでしょう

 

見た目に反してwといっては失礼ですが

実家はまぁ立派なもんで親父さんが

有名な歯科医であることから歯学部に進みました

 

 

ところで彼は受験のショックから

失意の中で暮らしているのでしょうか?

答えはNOです。

 

めちゃめちゃ人生楽しんでいますねw

歯学も楽しんで勉強していますし

サーフィンにも行きますし

 

そう!年末の彼女といたいクリスマスに

彼は海外にやってくるのですw

 

 

とまぁ

切り替えてその時を楽しんで生きる

というのが彼はかなり上手ですw

 

 

友だちである理由

まぁこんな自分が旅行に行くくらいの仲なので

前述した通りコミュ力と行動力は化け物です。

なので純粋におもしろいというのもありますが

 

ベースとして彼を尊敬しています。

とにかく何に関しても前向きなのです

 

 

この9年間、親が歯医者で有名ならば

何回もやめる言い訳やチャンスはあったはずです

ただ彼は彼なりに納得いくまで

コツコツと勉強をやり続けてきました

 

ここまで年数がたってれば

周りで馬鹿にしてくる人もいたと聞きます。

どういう神経しているのか...

 

"本気で挑戦をしたことがない人が

人のうまくいかない姿を笑うのです"

 

少なくとも自分は不器用だなと思いながらも

9年間も何かに打ち込めるなんてかっこいいな

と常に思っています。

 

 

あと前述したように

彼は受験期間も受験後も常にポジティブです

言い訳も全然しないです

 

なので医学部に受からなかったことも

気にせんからしたいなら記事にしてくれ

言えるくらいの人間なのです。

 

"失敗をしっかりと受け止めて

次のステージに進んでいる"

 

それが彼なのです

まぁ個人的には頭がバツグンに良い人にも

出会いましたが、

まぁ人間味があって

人の心に響く言葉

それが言えるのは彼のような人間ですね。

 

先輩なんですが 

あんまり褒めすぎるとすぐ調子にのるので

もうやめておきます。笑

 

ただやっぱり彼のような人間をみていると

 

"頑張った失敗って失敗じゃなくて

人間としての厚みを増してくれたり

もっと大きなものを生み出す大切な過程なのかな"

 

なんてことも感じさせてくれます。

 

ジャッキーよりw

締めに使いたいんで

なにか受験生に言いたいことありますか?

そうぼくが聞くと彼は

 

"人生はチョコレートの箱のようなもんや"

 

と言っていました。

もう太字にするかも赤文字にするかも迷いましたw

意味がわかりませんでしたw

なので彼より少しまともな自分が解釈すると

 

食べてみないとチョコレートの味が

甘いか苦いか分からん

 

つまり

 

9年こだわり続けたものを

変えたとて案外おもしろかったりするぞ

広い視野を持て。

 

ということで彼には納得してもらいましたw

このゴリラの言葉を後輩が

翻訳する大変さを分かってください泣

 

 

とまぁ以上になります。

医学部受験しているみなさんもなるべく

9年もかからず合格されることを願っていますw

 

彼はちょっと年齢や不運が重なりましたが

あなたたちなら真面目にやってれば受かります。

受かると信じて頑張ってください

 

 

今回は失敗談を絡めてのお話でしたが

成功談もいくらでも知っています。

 

まぁただ同じことを9年は

誰にでもできることじゃないですね

今回はこんな受験生もいたよという話でした

ジャッキー出演ありがとう

 

ご拝読ありがとうございました

 

しょーんの受験体験記を読む方は

こちらからです

www.dakujem.work