Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【初心者歓迎】大相撲の魅力をザックリと

どうも、しょーんです :))

みなさん年六場所15日間の取り組みといえば

そうですね大相撲ですね。

 

夕方から午後6時にかけて

親やおじさんにチャンネル権を奪われ続け

こっちは観たい番組があるんだ

 

そう大相撲に頭を悩まされた方も

多いのではないでしょうか

 

 

朗報です。

大相撲はよくみてみるとかなり面白いです。

一緒に観れば争いがなくなります

 

自分は平成生まれですが

幼少期から約25年ものあいだ。

海外にいても。

ずっと取り組みはネットなどで観ています。

 

なぜそんなに惹かれるのか

そこを今日お伝えできればと思います。

 

f:id:Dakujem:20190416024611j:image

 

まず大相撲において番付は

 

・幕内

・十両

・幕下

・三段目

・序二段

・序ノ口

 

と大きく6つに区分けされています。

この中でも関取と名乗れお給料が出て

大銀杏(あたまのぴょこんです)が結えるのは

十両以上の力士と決まっています。

なのでとりあえずは十両を目指します。

 

ちなみに力士の平均

 

・身長 185cm

・体重 160kg

・体脂肪 30%

 

くらいです。

おいおい脂肪ばっかりじゃないかよ!

 

確かにそうですが筋肉量もすごいのです

なかには100kg以上の筋肉量を

持つ力士もいるそうです。

 

 

 

魅力1: 一瞬の美しさ

 

あんなに取り組み前の仕切り(塩を投げたり)は

長いのに勝負は一瞬で決まります。

 

 

"はっけよーい、のこった"

 

 

その立合いの一瞬でほぼすべてが決まります。

力士には押し相撲が得意な力士、

四つに組む力士(まわしをつかむような状態)、

大きく分ければこうタイプ分けできますが

 

とりあえず立合いで自分の得意なカタチに

もっていくか相手の得意なカタチを作らせないように

最初にぶつかるのです。

 

仮に押し相撲の力士が組む力士に

まわしを掴まれてしまえばもうほぼ勝ち目はないでしょう

それほどに立合いは重要なのです。

 

だからこそ力士は立合いの一瞬のために

前日から相手を研究したり相手の仕切りの様子をみたりして

全神経を立合いに集中させます。

 

 

なのでみなさんが退屈に感じている長い仕切りの時間が

実は力士の探り合いや緊張感を感じ取れたりする

ある意味相撲の醍醐味の時間なのです。

 

個人的にはその一瞬にすべてを注ぐ

その立合いが研ぎ澄まされた矢のようで

"美"があると思っています。

 

 

 

魅力2:意外にたくさんある技術

 

相撲なんて押して外に出すか、足の裏以外を

土俵につければいいだけだろ!

 

そう思われるかもしれませんが

土俵の上ではかなり技術が駆使されています。

 

例をだすと白鵬のまわしを切る技術が

とてもうまいと思います。

いくら百戦錬磨の白鵬とはいえ

がっぷりと組んでしまえばチカラ負けしてしまう

怪力力士もいます。

 

ただなぜ白鵬があんなに勝ち続けることができるのか

それは相手有利のカタチを一瞬で

自分有利のカタチにしてしまうことができるからです

つまり相手がつかんでいる自分のまわしを

腰の捻りなどで切るなどのテクニックがうまいです

 

よく見てみてください

強い力士はその引き出しが非常に多いので負けにくいのです

ただ衰えたとはいえ白鵬は今のところ別格で

引き出しが多く土俵の使い方もうまいです。

なので背後をとられても負けないという一番もあります。

(土俵が円形であることをよく知って相撲を取っています)

知れば知るほどおもしろいです

 

 

 

魅力3:力士に魅力あり

 

自分は華のある力士が好きです。

なかでも千代の富士と朝青龍がとても好きです。

 

千代の富士でいえば"ウルフ "の愛称で親しまれ

なんといっても最大の魅力は肉体美にありました。

顔もかっこいいカラダもボディービルダーのような

筋骨隆々といった感じでとりあえず

なんか男らしくてかっこいいです。

 

そして朝青龍。

問題行動もたくさんありましたが

華があって相撲を沸かせてくれたのは間違いないです

日本人力士には足りない気迫というものが

彼の取り組みからは感じ取れました。

ノっているときは圧倒的という言葉が似合うくらい

鳥肌がたつ取り組みが多かったです。

 

といったように力士にも個性があり

顔で選ぶもよし同郷ということで応援するもよし

いろんな楽しみ方があります。

 

 

いかがでしたか?

最近は不祥事が続いたり

強くて人気のある日本人力士がいなくて

個人的には悲しいですが

また華のある力士が出てきて

土俵をわかせてくれると思っています。

本当に奥が深いです。

長くなりそうなのでこの辺でww

 

ご拝読ありがとうございました

 

こちらはちょっとした相撲への不満の記事ですw

www.dakujem.work