Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

勝ちに不思議な勝ちあり,負けに不思議な負けなし

どうもこんにちは、しょーんです :))

タイトルにも書いた通り有名なこの言葉。

 

 

"勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし"

 

 

20代前半まではあまり真剣に何かに

取り組んでこなかったので気づかなかったのですが

色々と挑戦をし始めるようになって

多くの失敗と小さな成功を繰り返しこの言葉の意味が

少しずつわかってくるようになってきました。

 

f:id:Dakujem:20190406191151j:image

 

薬学生だったときはとりあえず

何も不自由を感じることはありませんでした。

 

・金銭面でも友達にも困らない

・バンドをやればなぜかそれなりに反響がある。

・勉強は私立だったので留年する人は多かったのですが

 勉強せずになぜか運で進級してきた。

 

挑戦という挑戦をしてこなかったので

失敗する機会が少なかっただけだとも思います。

 

 

ただ真剣にしたいことが見つかってからは

やりたい事をやっているので充実感はあったのですが

挑戦することのレベルがあがったからか

まぁ運でどうこうできるような事が減ってきました

 

 

・受験で余裕のA判定でも医学部に受からない

・海外で日本で感じていた自分の実力を十分に発揮できない

 

 

まぁ実際、不器用なのもあるのですが

とりあえず努力量と成果が比例しないのです。

 

絶対にこの人より頭は良いだろうと思ってても

結果は逆なんてことはよくあります。

 

 

そんなときに自分がもう一度立ち上がるために

大切にしているのが成功した人からでも

失敗した人からでも良いのですが

その人の失敗の体験談を聞くことや

自身の失敗の分析をすることです。

 

 

正直、成功者の結果を出した方法なんて

運要素含め人それぞれすぎて参考になりません。

 

例として阪大に現役合格した子と

勉強していた時期がありました。

基本的に旧帝大志望なのでアベレージは

高かったのですが問題は国語。

センター試験本番で2,3割だったと思います。笑

 

ただ彼が受かった理由。

それはとてつもない数学力でした。

数学オリンピックにも出るくらいで

数学に限っては模試含め満点以外見たことがありません

それで絶望的に苦手な国語がありながら

2次で挽回し見事に現役合格しました。

そんな戦略を組むことは自分にはできませんし

参考になりませんwww

 

 

ただ失敗談からは色んなものが見えてきます。

 

 

・能力が明らかに足りてない

・単純に王道の方法をこなせてない

・間違いに気付けていない

・その他のファクター

 

 

個人的には受験で結果がでなかったのは

 

・教科によっての実力のバラつきがあったから

(他教科が70以上でも数学が偏差値63以上になったことがありません。ですので試験でもスコアは安定はしていませんでした。あと偏差値を意識しすぎた)

・再受験と年齢

(これも医学部受験は特殊なので年齢がマイナス要素であることは分かっていたことなのですが、再受験生でコネがなくても合格者がいるのは事実なので圧倒的な実力をつけれなかった自分の落ち度です、ただファクターの1つでしょう)

 

 

海外で自分のレベルが落ちたと感じた理由

 

・語学力が周りに比べてなさすぎた

(これは日本でいうと活字に触れずに成長してきたのと同じくらい致命的で、とにかく勉強面では何をするにも人より時間がかかっていました。表面的な英語力は伸びたものの英語脳の形成はいまも継続中です)

・メンタルコントロール

(できない事が増え自信がなくなってくると普段できていたことができなくなります。どの世界もですが海外では特にメンタルの強さがないと安定したパフォーマンスを出すのは難しいでしょう)

 

 

ということで受験は終わりましたが

失敗には必ずなにかしらの理由が絶対あります。

海外医学生としての課題は山盛りです

 

ただ自分はポジ・ティブ男なので

結果がでなけりゃ、なんらかのアプローチをして

失敗して違う方法しての繰り返しをしてれば

何かしら次に繋がるだろうと思っています :))

 

自分は失敗ばっかりですが

行動力と継続力だけはあるので

自分の未来には可能性しか感じていませんwww

とんだ勘違い野郎の可能性も高いですwww

ただ前向きに物事をとらえることは

自分の中ではメンタル面としてかなり重要です

 

 

とまぁ今回お伝えしたかったのは

失敗したら結果をしっかり受け止めて

ちゃんと理由を探して改善策を練りましょう

ということでした

 

 

"勝ちに不思議な勝ちあり,負けに不思議な負けなし"

 

 

おもしろい言葉ですね。

ご拝読ありがとうございました