Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

【海外散策】ニース&モナコ編 おすすめスポット

どうもこんにちは、しょーんです :))

今回はフランスのニースについて紹介します。

 

ニースはフランスの南部に位置するフランスでは

パリに次ぐ観光都市です。

 

ニースには美術館や博物館もありますが

この旅の目的がゆっくりすること。だったので

観光というよりこじんまりした落ち着いた場所ということで

この地に滞在することにしました。

夜の治安は少し微妙と聞いていましたが体感では

そんなに危険な感じはあまりしませんでした。

f:id:Dakujem:20190314012612j:image

 

空港から市街地まではバスで行くことができ、

降りるバス停がわからないのでホテル名をいうと

バスの運転手さんが丁寧に教えてくれました。

 

この時に宿泊したのが

Le Negresco(ル・ネグレスコ)というホテルになります。

外観はこんな感じです。

 

f:id:Dakujem:20190314012740j:image

 

これがお部屋ですがやっぱり海外のホテルは

ベッドが大きいから良いですね。

ゆっくりくつろげそうです。

 

f:id:Dakujem:20190314012628j:image

 

このホテルはというと1913年創業と100年以上の歴史があり

ホテル内に数々の美術品を揃えています。

シェフも一流でモナコでホテルを取ろうか迷いましたが

このクラスのホテルになるとモナコだと破産しそうだったので

ここに決めました。笑

 

f:id:Dakujem:20190314012607j:image

 

そして扉式?のエレベーターがあるなど

どこを見ても芸術が感じられます。

 

f:id:Dakujem:20190314012621j:image

 

さらに階段を上っていくと簡易ではありますが

ジムが設置されているので使用しました。

海外のホテルはだいたいジムが併設されているのでいいですよね

 

f:id:Dakujem:20190314012637j:image

 

そしてせっかくなので高級リゾート地モナコにも行くことにしました。

ニース中心部から行く方法としては鉄道、バス、

さらに空港からだとヘリコプターでも行くことができるそうです。

ヘリコプター??笑

電車での所要時間は30分。

なのでニースにちょっと良さげなホテルをとって

日帰りで行くのがコスパが良いかもしれません。

 

ちなみにモナコ空港へは日本から直接行くことができません。

ヨーロッパの大都市を経由してニースに降り立った上で

くる必要があるようです。

 

f:id:Dakujem:20190314012633j:image

 

そしてF1の市街地レースが行われることで有名なモナコは

ふつうに公道に縁石があります。

このヘアピンコーナーがF1が地上波でやっていた頃に

見ていた自分としてはたまりませんでした笑

 

f:id:Dakujem:20190314012603j:image

 

そしてなぜこのような世界で2番目に小さいとされる国に

富裕層が集まるのか。それは居住者に対して所得税が課せられないと

いう理由が背景にあるようです。

しかし一部例外もありフランス国籍をもつ人に限っては

フランス政府にその税金を納めないといけないらしいです。

 

パリ出身の友人がいますがフランスでは税金もろもろ

政府にとられる額がすごいから嫌になると嘆いていました笑

 

f:id:Dakujem:20190314012641j:image

 

これがモナコの駅です。

やはりどことなくキラキラしていますね。

 

f:id:Dakujem:20190314012617j:image

 

ということでいかがでしたでしょうか?

確かにパリやミラノ、ロンドンといった大都市に行くのも

見所が多くすごく楽しいです。

 

日本人はヨーロッパは遠いので多くの場所を見てみたいかもしれませんが

たまにはのんびりとした旅行もありなのではないでしょうか?

ホテルに関しては結構調べましたがモナコよりニースで取る方を

断然オススメします。桁が違います。笑

 

ご拝読ありがとうございました

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】