Mr.しょーん

挑戦と失敗から学ぶ 薬大卒 海外在住医学生の色々日記

MENU

医学部再受験最終年 体験談 part 1 〜最高のスタート〜

どうも再受験シリーズも最終章となりました。

ということで記念にとっておいた

成績の写真も今日お見せします。

しょーんです ;))

 

 

なんだかんだで3年目に突入した自分は

医学部専門予備校でないものの大阪で有名な河合塾

(東京でいうなら麹町校)に通うことになります。

ここでは医学部志望者が国立クラスと私立クラスの

計5クラスくらいで構成されており、

1クラス30人ほどで授業を受けます。

生徒は1浪2浪が多く、

出身高校も関西なら誰でも聞いたことがある

有名進学校の子たちばっかりでした。

 

ここで1年やるのか...

入塾時にクラス分けが行われ

私立志望クラスの上のレベルに入りました。

自分の校舎にいる生徒は全員医学部志望。

 

すごくモチベーションも保ちやすかったです。

中でも数名いる再受験の方とはすぐ仲良くなれ

今でも尊敬し、お付き合いさせてもらっています。

 

そんなこんなで今年度を占う最初の河合塾全統記述模試。

感覚としてはまぁまぁでした。

 

 

 

こちらが返却された模試結果です↓

f:id:Dakujem:20190215002712j:image
f:id:Dakujem:20190215002702j:image

 

ちょっとぼやけて見にくいですが分かるでしょうか?

 

英語 71,4

数学 62,4

化学 73,4

生物 74,1

 

総合偏差値70,1という結果でした。

もちろん書くところをかけばすべてA判定、

最難関の医学部としても知られる慈恵会医科大ですらC判定でした。

 

数学はやはり物足りなかったものの

最後に模試を受けた昨年の秋から受験期を越えて

かなりの伸びがあったことに喜びより驚きを隠せませんでした。

偏差値というのはきれいには伸びていかない、

あるとき急激に上がる。

よくこんなことを言われますが、

まさにそれを体感しました。

 

 

そうです去年はいくら勉強しても

偏差値62付近でうろうろしていたので

耐えの時期だったのでしょう。

 

 

”努力は二次関数のグラフに似ている”

 

 

一次関数(Y=X)のように直線で右上がりで

人が成長するのならばとてもラクでしょう。

しかし二次関数(Y=X^2)というのは

考えてもらえば分かるでしょうが、

始めのほうはX(努力)の値を増やしていっても

Y(結果)の値はなかなか大きくなりません。

 

しかしXの値が大きくになるにつれて

Yの値は急カーブを描いて上昇していきます。

つまりなにが言いたいか

 

 

”結果は努力に比例しない時期がある”

 

 

”その初めの伸びない期間を耐えることができるかできないか”

 

 

 

そこが自分のモノにできる人とできない人の

大きな違いだと思います。

受験は期間が長いので筋トレを例にとってみると、

筋トレを始めて次の日に体が引き締まった!

ということはまずないでしょう。

1日で結果が出れば、こんなに簡単なことはないです。

目に見えて体の変化に気づくことができるのが

3ヶ月継続した後。だと言われています。

この期間を我慢できるかできないかです。

 

 

あなたもよく始めたはいいものの

結果がすぐに出なくて挫折したことはありませんか?

3ヶ月続けてみてください。

きっと結果が目に見えてきて楽しくなってきます。

継続と少しの結果が好循環を生むのです。

 

 

当然、目標が大きければこのサイクルを

何回も繰り返すことになるでしょう。

と、話は逸れましたが偏差値の壁を突き破った自分は

今年こそはと勝負の年に挑むのです。つづく

www.dakujem.work

ご拝読ありがとうございました。